1998年,ロニーコールマンを劇的に変えたのは何か


Warning: file_get_contents(https://shumitore.com/wp-content/plugins/embed-video-thumbnail/assets/css/iframe.css): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/wm02231005nf/shumitore.com/public_html/wp-content/plugins/embed-video-thumbnail/src/EmbedVideoThumbnail.php on line 325

Ronnie Coleman (ロニーコールマン)は,1998年から2005年まで,ミスターオリンピアを史上最多タイの8連覇を果たすのですが,実は,初優勝する1998年の1年前の1997年のオリンピアでは,9位で終わっており,誰しもが翌年の1998年のオリンピアで優勝するとは思っていませんでした.

そのため,ロニーコールマンは,1997年から1998年にかけて,劇的に変化したのですが,それは,一体何が理由だったのでしょうか.

今回は,ロニーコールマンが1998年に大躍進できた理由について皆さんとシェアしたいと思います!

Chad Nichollsがロニーコールマンについて語った動画

ロニーコールマンが1997年から1998年にかけて大躍進できた理由については,彼のコーチだったChad Nichollsとロニーコールマンが答えています.

動画の作成元は,ロニーコールマンのyoutubeチャンネルになります.

今回の動画は,1998年のオリンピア前のChad Nichollsと他コーチとのやりとりについても触れられており,大変興味深いものとなっています.

ロニーコールマンが1998年に大躍進できた理由

ロニーコールマンが1998年に大躍進できた理由について,以下の様に述べられています.

“We definitely ate more food. Everything was obviously very consistent, very structured in the off season. Ronnie was doing everything pretty good, but we became like a machine in the off season. It was very repetitive but the food amounts went up drastically. That’s the one key that I remember,”

私たちは間違いなく,かなり多くの食べ物を食べました.すべてが明らかに非常に一貫していて,オフシーズンに体系化されていました.ロニーはすべてをかなりうまくやっていましたが,オフシーズンにはマシンの様になっていました.それは非常に反復的でしたが,食事の量は劇的に増加しました.それが私が覚えている1つの鍵です.

すなわち,大量の食事を摂取したということが,彼が1998年に大躍進できた最大の理由となります.

実際に,1997年のロニーコールマンですが,以下の様な動画がyoutube上に残っています.

確かに,全盛期のロニーコールマンを知っている人からすると,脚及び胸のサイズが少々足りないかなという感じがします (それでも,この状態でとんでもないレベルであり,特に背中は1997年当時から凄かったんですね….).

次に,彼が大躍進を果たした1998年ですが,以下の動画が残っています.

両者を比較するとわかりますが,1998年は,明らかに,脚のサイズ,胸のサイズ,背中の厚みが改善しており,とんでもないレベルに仕上がっていることが分かるかと思います.1998年は,全体的にサイズアップをしており,このことからも,オフシーズンの食事によりこの身体を作り上げたと言っても過言ではないでしょう.

ロニーコールマンの凄いところですが,先に紹介した動画の中で以下の様に述べられています.

“The thing is too, even when we got to that point, we just had to keep adjusting stuff because Ronnie just kept getting bigger. The bigger he got, the more food his body demanded,” “So we just had to keep staying up with that. The body kept coming forward, kept coming forward. So the food amount obviously can’t stay the same.”

「それもまた,目標としている体重に達したときでも,ロニーが大きくなり続けたので,調整を続けなければなりませんでした.彼が大きくなればなるほど,彼の体はより多くの食物を必要としました.」「それで,私たちはそれに追いつき続けなければなりませんでした.体は改善し続けました.これにより,食物の量を同じに保つことは明らかにできませんでした.」

多くの食事を食べることができるのは,才能と言われていますが,ロニーコールマンはそれが突出して素晴らしく,体重が増大した分だけ,食事の量も増えていったことから,身体をとんでもなく大きくすることができたということですね.

終わりに…

今日では,身体作りにおける食事の重要性というのは広く知られており,改めて,身体を大きくしたいならば,絶対的な食事量を増やす必要があることを再認識しました.

関連記事