日本人選手の結果は…!?ジャパンプロ 2019結果

国内トレーニングニュース

2019年のジャパンプロが終了しました.一昔前までは,日本でボディビルディングのプロコンテストを行うこと自体考えられませんでしたが,大盛況で終わった様ですね.

関連:ボディビルディグ ジャパンプロ,あの大注目の日本人選手も出場へ!

今回は,ジャパンプロ 2019の結果を皆さんとシェアしたいと思います.

メンズフィジーク

メンズフィジークの順位は以下の通りです.()内は得点になります.ボディビルディングは得点が小さいほど,良い順位になります.

1位 Bong Seok Chol (3)

2位 Romannov Denis(7)

3位 Ryan John-Baptiste (9)

4位 Miroslav Jurlcek (11)

5位 Riccardo Crocl (16)

6位 Yukihiro Yuasa (17)

こうしてみると,メンズフィジークは大接戦でしたね.1位の選手は韓国人の選手なんですが,私も3点というスコアを初めてみました.

注目の日本人選手の活躍ですが,湯浅選手がなんと6位と大健闘でした!湯浅選手は,一応,これがプロデビュー戦になり,今回出場した日本人のプロフィジーカーの中で最も遅くプロになったのですが,やはりポテンシャル十分だったということですね.

湯浅選手は,やはりコンディションを外さず,圧倒的な安定感でしたね.今回は惜しくも6位でしたが,上位陣との差は,スコアから推察される通り大きくないため引き続き頑張ってほしいですね.

次に,竹本選手です.ボディビルディングでは,ファーストコール,セカンドコール,サードコールといって,最初に呼ばれるほど上位の可能性が高いのですが,竹本選手はサードコールで名前をコールされ,今回は入賞という結果には至りませんでした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

⠀ 11/18 プロデビュー戦。 ⠀ 目標のファーストコールには届かず、サードコールでした。 ⠀ 今回は完敗でした。しかし、得るものも多かったです。 ⠀ 自分に足りないものも分かったし、自分の可能性も感じた1日でした。 ⠀ 去年までと今年の自分の違いは応援してくれる人が沢山いたことです。 ⠀ それはプレッシャーにもなりましたが、それ以上に力になりました。 ⠀ 会場で声をかけてくれた皆様、メッセージを送ってくれた皆様、本当に力になります。 ⠀ いつも本当ありがとうございます。 ⠀ 次こそは格好いい姿を見せられるよう努力します。 ⠀ これからも宜しくお願いします。 ⠀ #ifbb #ifbbpro #japanpro #mensphysique#fitness#workout#training #bodybuilding #friendsfarm #平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することがすなわち非凡なのである

IFBB PRO Naoto Takemoto(@naoto_tkz)がシェアした投稿 –

竹本選手は,今回はコンディションがイマイチだったき気がします.元々,サイズ感はこの日本人でもトップレベルであるため,湯浅選手の様に,いつでも,どんなときでも,フルコンディションを披露することができる様になることが課題だと思います.

最後に小池選手です.小池選手も竹本選手と同様にサードコールでのコールでした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

ご報告 自分が今出せるコンディション、バルク、ベストオブベストを出し切りましたが、サードコールのトップどまりでした 期待してくださったファンの方ガッカリさせて本当にごめんなさい、日本のステージでファンの前で世界に勝つ姿を見せたかった 5月にプロになってからここまで頑張れたのはファンの方の応援の力のお陰です、本当にいつもありがとうございます 自分の中での感覚は前回よりコンディションが良く仕上がりも2kg以上上がったのでいける感覚しかありませんでしたが、世界の壁は予想以上に高かったです また新しい目標を作り頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします 自分も自分の力の無さにガッカリしましたが、必ずまたあがります💪💪 今回本当に沢山の方々から数千件のメッセ、コメント頂いたので感謝の気持ちを込め、 ゼッケン番号が39番だったので、応援39セールやりたいと思います💪💪 . #本当に悔しい#這い上がります#世界の壁#ifbb#physique#japanpro#負けっぱなしじゃ終われない#やるかやるか

IFBB PRO JIN(@jin.xeno)がシェアした投稿 –

小池選手は,サードコールで呼ばれましたが,個人的にはセカンドで呼ばれても良かったかなというくらいの良い仕上がりだったと思います.インスタグラムでは,反省の弁を述べていますが,滅相もないです.今回はデビュー戦だったので,次回以降ではより改善した姿を見せてくれるはずです!

ボディビルディング

ボディビルディングの順位は以下の通りです.()内は得点になります.ボディビルディングは得点が小さいほど,良い順位になります.

1位 Juan Morel (3)

2位 Cedric McMillan(7)

3位 Regan Grimes (8)

4位 Cody Montgomery (11)

5位 An Nguyen(15)

今回のジャパンプロでは,セドリックマクミランがシークレットゲストとして参戦しました.

そのセドリックと,私が注目選手として挙げたRegan Grimesは,今回優勝したJuan Morelは11月の初頭に開催された,Romania Proで激突しており,そのときは,1位がセドリック,2位がJuan Morel,3位がRegan Grimesでした.

今回優勝したのがJuan Morelであり,Romanian Proよりも状態は良さそうでしたね.

セドリックはRomanian Proのときよりもコンディションがよくなかったですね.ただ,本当に僅かなコンディションが勝敗を分けたと思います.

私が注目していたShin Kodama選手ですが,デビュー戦ということで順位自体は奮いませんでした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

みんなお礼が遅れて申し訳ない!! 自分のベストを持ってきたけど歯が立たなかったよ。悔しいけどこれは挫ける理由にはならない。 当たり前、当たり前。 ラッキーパンチなんてないこの世界は時間をかけて努力することしか成果をもたらさないからね。 ここが新たなスタート、また積み重ねて戻ってきます。 応援メッセージをくれたみなさん本当に感謝しています。ボクよりずっと熱く、強い気持ちを持ったみんながいてとても嬉しかったです。 絶対にこのままでは終わりません。 本当にありがとうございました!! @ifbb_pro_league_japan_pro @hideyamagishi ・ #bodybuilding #training #gym#motivated #muscle#hawaii#thekawasakiway#fitness ・ #ボディビル #ボディビルダー#フィジーク#ハワイ#トレーニング#筋肉#筋トレ#パーソナルトレーナー ・ ・ #夢を叶えるマインド #HEROが負けて終わるの聞いたことないからね #illbeback

shin kodama(@ifbbpro_shin_kodama)がシェアした投稿 –

しかし,5月にプロカードを取得してから身体はかなり進化していたため (たった半年です!),今後ゆっくりと時間をかけて必ず世界に追いついてくれるでしょう!

また,ミロスの弟子と紹介したLu選手ですが,プロデビュー戦にも関わらず,8位と大健闘でした.

元々,ポテンシャルがすごい選手でありますが,それにしてもプロ1年目とは思えません…..また,直前の”ミロスマジック”も大いに効いたのだと思いますね (ローリーウィンクラーも昨年のアーノルドクラシック オーストラリアの直前にミロスにポージングを見てもらったら,そのコンテストで優勝しましたし….).

終わりに…

今回は,プロデビュー戦ということもあって,日本勢は苦戦を強いられた様ですが,これから場数を踏んでいけば必ず世界で活躍できると信じています.

ただ,アマチュアのオリンピアを見ても思ったのですが,日本では空前のフィットネスブームで日本で「凄い!」と言われている選手でも世界で戦うには,かなりの覚悟と経験がないと難しいと感じました.それだけ,依然として世界の壁は高いということですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました