私がスマートシェイク スリムをおすすめしない2つの理由

プレワークアウト,イントラワークアウト,ポストワークアウト用のサプリメントを混ぜるときに使うのがシェイカーであり,一言,シェイカーと言っても色々な種類があります.

関連:なぜ,シェイカーを使い分けるか?シェイカー選びのポイント

その中でも,スマートシェイクというシェイカーは,日本でも広く使われています.スマートシェイクには,広口で短いタイプのもの (オリジナル)と狭口で細長いタイプのもの (スリム)のものがあります.私は,これら2つを使ったことがあり,特に,スリムタイプはあまりおすすめできないと感じたため,その理由を列挙させて頂きます.

スマートシェイクとは

スマートシェイクは,スウェーデンの会社であり,日本では株式会社アールオーエヌという会社が輸入し販売しております.そのため,日本語対応の専門サイトがあります.

スマートシェイクの特徴としては,シェイカーを多段構造にすることでいくつもの1つのシェイカーで複数回飲める様にしたことでしょう.段数は1段と2段のものがあり,2段のものは1段はピルを入れられる様になっています.

また,スマートシェイカーは有名なプロボディビルダーとコラボしたシグネチャーシリーズを販売していることでも有名です.私が認識しているものには,ロニーコールマン,ジェイカトラー,フィルヒースのシグネチャーシリーズがあります.

その他にも,サプリメントメーカーとコラボしたシェイカーなども販売していますね (この場合,販売しているのはサプリメントメーカーになりますが).

オリジナルとスリム

先に述べた通り,スマートシェイクには,オリジナルとスリムの2タイプがあります.

オリジナル

オリジナルは以下の通りになります.

特徴としては,シェイカー以外の部分が2段あり,全部で3段構造になっています.

シェイカー部分は,広口で高さが小さくなっていますが,プロテインをシェイクするくらいならば全く問題ないと思います.

スリム

スリムは以下の通りになります.

特徴としては,シェイカー以外の部分が1段あり,全部で2段構造になっています.

シェイカー部分は,狭口で高さが大きくなっており,プロテインはもちろん,イントラワークアウト用のシェイカーとしても使えないこともないと思います.

なぜ,スリムをおすすめできないか

スリムをお勧めできないのは,オリジナルと比較して,段数が少ない,洗いにくいという二点の理由からになります.

段数が少ない

まず,段数が2段とオリジナルと比較して少ないです.これは,スマートシェイク自体がオリジナルとスリムとで高さを21 cmと合わせるための仕様上の問題であると考えられますが,使いにくいです.

人によっては,プロテインを間食として摂取している人もいるかと思いますが,そんな人は間食で1日にプロテインを2-3食必要となります.トレーニング後のプロテイン摂取を考えると,最低でも3食必要となるため,そうなった場合,スマートシェイクスリムとは別にもう一つシェイカーを用意する必要があり非効率的です.

関連:【サプリメント解説】プロテインの効果的な飲み方.1日に飲む回数まで

確かに,商品のデザイン戦略として,高さの規格を統一するのは非常に良いのですが,使い勝手が悪いです.

洗いにくい

次に,非常に洗いにくいです.家庭に食洗機がある家庭なら全く問題ないのですが,手洗いの家庭などは洗うのに非常に苦労します (水筒の中が洗いにくいのと同じ原理です).

スマートシェイクオリジナルとスリムを比較した場合,前者の直径は10 cmであるのに対して,後者の直径は8.5 cmと1.5 cmほど小さくなっています.このため,成人男性の手は入りません.したがって,洗うのに特殊形状のブラシを用意することになるのですが,そもそもシェイカーのためにそこまで用意するかと疑問に思う所です.

溶けやすいプロテインを使うなら問題ないのですが,正直,プロテインは溶けが良くないものが多く,特に値段の安いものは溶け残る傾向があります.その場合,溶け残りのプロテインを洗浄することができず使い続けることになるため,衛生上かなり問題があります (特に,夏場に問題になり,異臭がする様になります)

スマートシェイクオリジナルはどこで購入できるか

スマートシェイクオリジナルは,amazon,楽天いずれの通販サイトでも購入することができます (私の記憶が正しければ.4年位前は確か,amazonでは取り扱っていなかったと思います.).価格もいずれのサイトでも1980円であり,楽天でも送料が無料であるため,楽天ポイントがつくことを考えると楽天の方がお得ですね.

終わりに…

スマートシェイクは格段の色もカスタマイズできるため,非常にデザイン性に優れたシェイカーでもあります.オリジナルタイプとスリムタイプで迷っている方は,今回の比較記事を参考にしながら自分にあったシェイカーを選んで下さい.