なぜ,シェイカーを使い分けるか?シェイカー選びのポイント

シェイカー

プロテインを混ぜるときに使う容器がシェイカーであり,シェイカーはトレーニーにとって必需品です.

今回は,シェイカーを購入するときのおすすめや注意等について公開したいと思います.

留意点1: 安いシェイカーはおすすめできない

私が生まれて初めて買ったシェイカーですが,大学の購買部で安く売っていたウィダーの青いシェイカーでした (以下の画像の製品になります.画像検索でやっと引っかかったため現在は販売していない様ですね (@amazon)).

これが非常に悪く,なぜかと言うと,1点目として蓋の部分の溝の列が少ないため,中々ぴったりと蓋をしめることが難しかったのです.これにより,プロテインを入れて振った際に,プロテインが周りに若干飛び散りそれを拭くという手間が発生していたのです.また,運悪く拭き忘れている箇所があると,これがタンパク質汚れであるため,非常に取れにくくなっていたのです.この問題は,一見些細なことですが,一日3回プロテインを飲む私にとっては相当なストレスになっていたということは間違いありません.

2点目は,匂いがつくということです.実家にいたときは食洗機で高温洗浄していたのですが,プロテイン由来の匂いや,他の食器についていたと思われる食事の匂いがこべり付き取れなくなるという問題点が発生していました.

留意点2: 使うシーンで使い分けることの勧め

一般的なシェイカーですと,その容量は500 ml程度です.女性用のシェイカーですと200 ml程度が一般的です.

200,500ml容量のシェイカーは,プロテインを溶かして飲むことには向いていますが,個人的にはトレーニング中飲むシェイカーとしては少し小さいかなと感じています.

トレーニング中の身体の水分量は,筋肉のパンプと強い相関関係があるため,基本的にはトレーニング中には多めの水分摂取が望まれます (ちなみに海外のトレーニーの中にはジャグと呼ばれる約2L入る容器でトレーニング中の栄養補給をしている人が多いです).そのため,トレーニング中では500 ml程度では個人的には少し少ないかなと思います.また,以前の記事で紹介した様に,トレーニング中に種々のサプリメント摂取をしようと考えると,必然的にシェイカーのサイズは大きくなると思います.

そこでおすすめなのが1Lのスクイズボトルです.一般的なのが,ポカリやzavasの製品ですが私はDNSのスクイズボトルを使ってます (以下参照です).

留意点3: 意外とおすすめなシェイカー

個人的に,意外とおすすめなのが女性をターゲットとして作られている200-300 ml容量のシェイカーです.ちなみに,私も自宅でプロテインを摂取する時は200 ml程度のシェイカーを使っています (このシェイカーですが,とあるジムの製品であるためamazonでは取り扱っていない様です (以下参照です)).

理由としては,容器が小さいため,シェイクしたときの力が伝わりやすく,プロテインがダマになりにくいという利点があります.また,水の量が多くならないため,格安プロテインをシェイクしても泡が500 mlのものと比べて少なくできるという利点があります.

また,蓋の溝がしっかりと彫られており,蓋と容器がぴったりとなる様に設計されているため,プロテインが飛び散りにくいです.

欠点としては,溝がかなり深く彫られているがゆえに,溝の中が汚れやすいということです.洗えば取れるため問題ありませんが…

終わりに…

トレーニング中に使っているスクイズボトルですが,最近若干漏れるため (2年以上使ってます)そろそろ買い換えようかなと考えております.

新しいもの買ったらまたシェアします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました