タンパプロ出場のHunter Labradaの仕上がりが凄い!

Hunter Lablada タンパプロ 2020 1週間前

2020年7月末に迫ったタンパプロの注目選手の一人として,過去の記事で取り上げさせていただいたLee Labradaの息子であるHunter Labradaですが,1週間前でとんでもないコンディションを披露しています.

今回は,このニュースを皆さんとシェアしたいと思います!

タンパプロ,約1週間前のHunter Labrada

タンパプロ,約1週間前のHunter Labradaですが,インスタグラムにて自身の近況をアップデートしています.

フロントポーズ

まずは,フロントのポーズから.

 

このポージング自体は,規定ポーズではありませんが,この写真が今回のHunter Labradaの仕上がりの素晴らしさを最大限に表すものになっています.

上半身も下半身も素晴らしいですが,やはり脚が群を抜いて良いですね.以前から脚はHunter Labradaの特筆すべき点でしたが,コンテスト前になってさらにコンディションが極まっています.このフロントポーズだけみると,かなりコンディションは良さそうです.

サイドポーズ

次はサイドポーズです.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Another one *DJ Khaled voice* – – Can do this all day… no really, I’m going to🤣🤣🤣 #wintheday #smokeandmirrorsandlighting

Hunter Labrada IFBB Pro(@hunterlabrada)がシェアした投稿 –

 

上体のバスキュレーションの走り方なんかは半端ではないですね.サイドポーズからも大腿四頭筋の発達具合が伺え,一言でいうと素晴らしいですね.

懸念事項があるとすれば,サイドポーズでみたときの尻周りのコンディションが若干甘いということでしょうか.基本的に,一番コンディションが現れるのが尻周りであり,サイドポーズだけだと尻周りのコンディションはそこまで良いようには見えません.

バックポーズ

ということで,最後は一番直近に投稿されたバックポーズになります.

 

「照明が異なる点」,「パンプしていない状態である点」から先の写真との単純な比較は難しいですが,やはり尻周りのコンディションはそこまで良くない気がします.ただ,父親譲りのウエストの細さはやはりオープンクラスでは大きな武器になるため,タンパプロではダークホース的な存在になりそうですね.

終わりに…

Hunter Labradaの仕上がりですが,フロントポーズだけとって考えると,かなり素晴らしいと感じました.

バックポーズを見ると,確かにいくつかの欠点が見受けられますが,これがプロデビュー戦である選手の身体であるということを考えると,今回の仕上がりがかなり良いということがわかります.

タンパプロは,例年,比較的ビックネームが参戦するコンテストになりますが,この仕上がりならばそこでの活躍も十分に期待できそうですね!

2020/08/16追記:

Hunter Labradaですが,タンパプロ 2020で優勝しました.プロデビュー戦で優勝とは非常に素晴らしいですが,それに加えて,今回の優勝でミスターオリンピア 2020の出場権を獲得しました!

関連記事