MENU

ジェレミーブエンディアは2024年シーズンを見据える

過去にオリンピアのメンズフィジークを4度制したJeremy Buendia(ジェレミーブエンディア)は2018年を最後にステージから遠ざかっていましたが,オリンピア 2023で復帰し,8位となりました.

そんな彼ですが,既に2024年シーズンを見据えている様です.

今回は,ジェレミーブエンディアが語る2024年シーズンの情報を皆さんとシェアしたいと思います.

ジェレミーブエンディアとは

ジェレミーブエンディアは,1990年アメリカ生まれのメンズフィジークの選手です.身長は,172.5 cm,体重は79.4-83.9 kgです.

彼は,実は若い頃から非常に精力的にコンテストに出場しており,2013 NPC Junior USA Championshipsで優勝しプロに転向します.

プロ転向した2013年は,オリンピアで初めて,メンズフィジークというカテゴリーが開催され,2位に入ります (優勝は,Mark Anthony Wingsonでした.).プロデビュー年でこれは相当に凄いのですが,翌年2014年から2017年まではオリンピアを4連覇します.2014年から2017年のジェレミーブエンディアはまさに無敵の状態であり,この時の彼が現在まで続くメンズフィジークの人気の原型を形作ったと言っても過言ではありません.

ただ,5連覇を狙った2018年は,コンディションを大きく崩しまさかの4位に終わり,現役を引退します.

彼は長らく,Hany Rambodとコーチング契約を結び,FST-7を実践することで結果を残してきた選手ですが,2018年にオリンピアのタイトルを逃した後に,契約を解除しています.そこから,一時期,2020年にクウェートのOxygen Gymに拠点を移し,Brandon CurryのコーチであるAbdullah Alotaibi (アブドーラ)と契約して2020年のシーズンに備える話もありましたが実現せず,現在に至ります.

ジェレミーブエンディアが2024年シーズンについて語った動画

ジェレミーブエンディアが2024年シーズンについて語った動画は以下です.

今回の動画は,ジェレミーブエンディアのyoutubeチャンネルです.

今回の動画は,ジェレミーブエンディアのオリンピア 2024での直前の準備を中心に語られています.

ジェレミーブエンディアは2024年もコンテストに出場する模様

今回の動画にて,ジェレミーブエンディアが2024年もコンテストに出場することがわかります.

“We are going to be hitting some shows outside of the Olympia. I am qualified for life you guys. I don’t need to compete in any other shows but Olympia, they did announce that the top three are the only ones that are automatically qualify and I wouldn’t feel right getting back on the Olympia stage next year if I don’t earn my place up there. I will be making a run at some shows outside of the Olympia, they are undecided yet.”

オリンピア以外のショーにも出るつもりです.私は生涯出場する資格があるため,実はオリンピア以外のショーに出場する必要はない.オリンピアでは,上位3人だけが自動的に出場資格を得られると発表されましたね.オリンピア以外のショーにも出場するつもりですが,まだ未定です.

一度,オリンピアで優勝した選手が再度,ステージに立ち,再び優勝することが難しいことは過去の歴史が証明しています.その中で,優勝できなかった選手の多くはそのままステージから遠ざかってしまう中で,ジェレミーブエンディアは,2024年以降もステージに立つことを表明しています.

ジェレミーブエンディアのモチベーション

今回,2024年シーズンもステージに立つモチベーションとして,彼自身が2023年のコンディションが満足いくものではなかったのにも関わらず,想定よりも良い成績を残せたことが背景にあると述べています.

Me at 100% I believe I can win again. I’m hungry for it. I’m very grateful for my place because there were guys that placed below me that were a lot better conditioned or peaked better than I did and I still managed to beat those guys,

100%の僕ならまた勝てると信じている.そのためにハングリーなんです.僕よりコンディションが良かったり,ピークを合わせることができた選手に対して勝つことができたからです.

オリンピア 2024のジェレミーブエンディアのコンディションが良くなかったのは事実であり,その一方で,サイズアップは凄まじく,確かにコンディションが良ければ上位争いができた可能性はあります

ただ,あくまでも,コンディションが良かった選手よりも順位が上だったのは,彼が過去の優勝経験者であり,それに対するバイアスが0ではなかったことも考える必要があります.このため,ややコンディションが甘くても勝てるというような考えはかなり危険であり,オリンピアで優勝を目指すなら,きっちりコンディショニングを極める必要があると思います.

終わりに…

ジェレミーブエンディアですが,コンディショニングのピーキングに苦労したことが今回の動画でわかります.やはり,コンテストから遠ざかってしまうと,身体も年々変化していることから,以前と同様のプロトコルを適用するのが難しくなり,結果としてピーキングを合わせられないということになってしまうのでしょう.

関連記事