Kheycie Romero,女性としてデッドリフトで驚異の280 kg超えへ

海外トレーニングニュース

皆さんはデッドリフトを何キロ上げることができます?

恐らく,男性ならば通常,自分の体重の1.5倍から2倍程度が一般的で,女性ならば自体重の1倍から1.5倍が一般的です.

今回紹介するKheycie Romeroは女性のパワーリフティング の選手ですが,インスタグラムにて280 kgを超えるデッドリフトを公開しています!

今回はその情報を皆さんとシェアしたいと思います!

今回の情報

今回の情報はインスタグラムでの以下の投稿によるものです.

今回の記録ですが,625lb ( = 約283 kg)という凄まじい記録です.

投稿を見ればわかる通り,パワーベルト,8の字のリストストラップを着用してスモウデッドリフト での記録となります.

以前,当ブログでレビューさせて頂いたパワーベルトはピンタイプのものになりますが,今回のパワーベルトに関しては,レバーアクションを利用したパワーリフティング ではお馴染みのタイプのものとなります.

関連:

これは使い難い…ゴールドジム パワーベルト レビュー

また,8の字リストラップに関してですが,これはあまり馴染みがない人は多いかと思いますが,通常のリストストラップでは巻いたものを掌で握るのですが,8の字リストストラップはバーベルもしくがダンベルを通して使うため,リストストラップよりも握力が必要ありません

関連:

高重量を扱い出したらリストストラップがオススメ!リストストラップの使い方

パワーリフティングで扱う様な高重量では,握力で支えることが難しくなるため8の字リストストラップが有効になります (ただ,それでもノーギアという種目があることかわわかる通り,素手でそれだけの重量を引くことのできる選手もいますが….).

以上の様なギアを使っているため,今回の記録は一応,ギアありの記録という扱いになるのでしょうか.それでも,これだけの高重量を上げることは男性でも難しいと思うのですが….

(ちなみに,ノーギアでの彼女のデッドリフト の公式記録は235kgです….強すぎます….)

さらに,今回の記録はスモウデッドリフトでの記録になります.デッドリフトにもいくつか種類があり,ボディメイキングの目的で行われるのがナロースタンスのデッドリフト (通称,ヨーロピアンスタイル/コンベンショナルスタイルと呼ばれます.)であるのに対して,高重量を上げる目的で行われるのがワイドスタンスのデッドリフト  (通称,スモウデッドリフト と呼ばれます.)です.ただ,これも腕の長さでどちらが高重量が扱えるか依存するため,人によってまちまちです.実際に,パワーリフティング の世界チャンピオンのレイウィリアムズはナロースタンスのデッドリフトで競技を行っていますしね.

この投稿ではわかり難いですが,実際に試合の動画をみるとナロースタンスで引いています.

今回の記録について

今回の記録について,彼女が最も最近に参加した試合での体重が188 lb( = 約85.3 kg)だった様であるため,自身の体重に対して約3.3倍の重量を上げています.この記録は8の字リストストラップを使ったものになりますが,かなりすごいですね.

比較のために,フルギアでの日本の84 kgの一般クラスの女性選手の記録が170 kgとなるため,今回の記録がどれだけ凄まじいかわかります.

終わりに…

今回の記録が女性の選手の記録であるため,女性選手もやればできるという希望を与えた一方で,男性選手はもっと重量に真摯に取り組む必要があるという教訓にもなったニュースでした.

コメント

タイトルとURLをコピーしました