これは使い難い…ゴールドジム パワーベルト レビュー

トレーニング道具レビュー
DSC_0041

私が生まれて初めて購入したベルトが今回紹介するゴールドジムのパワーベルトです.今回はそのパワーベルトのレビューを行いたいと思います.

関連:【鈴木雅選手解説】腹圧を維持するための正しいトレーニングベルトの巻き方

どこで買ったか

このベルトを使うまでは,同じゴールドジム製品のレザーベルトを使っていました (詳しくはこちらのページをご覧ください).それから,自分のベルトが欲しくなり,このパワーベルトを購入しました.

当時,楽天カードでの期間限定ポイントがあり,それを使って購入しました.今,改めて値段の比較をするとこんな感じで,やはり値段は当時とあんまり変わらないですね.

外観は

外観は以下の写真の通りです.

改めて見ると,やはり幅広ですね.また,写真だと切れてしまっているのですが,バックルも2本であるため,ベルトを締めた時の安定感が非常にあります.そのため,このパワーベルトは高重量を扱う方やウェイトリフティングをする方が扱っている印象があります (ちなみに,ウェイトリフターの選手で使っているのが多いのはSBDのベルトです).日本のトップ選手だと,田代誠選手が使っていますね.

断面はこんな感じになります.

このようにして見るとやはり太いですね.この太さが腰を締め付けて安定感がでるというわけです.

ちなみに,私が最近使っているCardilloのトレーニングベルトの断面と比較すると以下の様になります.

上がゴールドジムのパワーベルトで下がCardilloのベルトになります.比較すると,ゴールドジムのパワーベルトの厚さが2倍近くあるため,その太さがすごいことがわかると思います.

使い心地は

まず,外観について,ベルトが極太になるため,比較的スリムな人が着用すると相撲の廻しの様になります.そのため,”ファッション”という点を考えると,万人におすすめできるベルトではないということが言えます.

では,身体がしっかりとしている人におすすめできるかというと,個人的にはそうでもない感じがします.それは,ベルトが極太であるため,腹回りに脂肪があるとスクワット等でしゃがんだ際に,ベルトの上に思いっきり脂肪が乗ってしまい,痣になるという問題点があるからです (まさしく当時の自分です).すなわち,このベルトは,脂肪が少なく,かつ身体も出来上がっている人向けであるということです.

次に,使い勝手ですが,まず生地が非常に硬いです.私は,これを週二回,脚と背中のトレーニングのときに使っていましたが,1年間使っても中々柔らかくならず苦労しました.硬いままだと,締める際に手間取るという問題が発生します.

どんな人におすすめか

このベルトは,基本的に初心者の方にはおすすめできません.理由は,上記で述べたことと,同じゴールドジムの製品で初心者におすすめできるレザーベルトという商品があるためです.

この商品は,何種類かあるのですが,ゴールドジムというロゴが目立たないこちらのモデルの方がおすすめであると考えています.こちらは,スリムな人でも問題なく着用でき,また,比較的直ぐに柔らかくなって馴染むという利点があります.そのため,こちらを初心者にはおすすめします.

一方で,とにかく重いものを持ちたいという方や,ウェイトリフターの方には今回紹介したパワーベルトをおすすめさせて頂きます.なぜなら,極太であるため,腰が守られやすいのと,腹圧の補助がより大きいため比較的高重量を扱いやすいというメリットがあるためです.

終わりに…

私は,そこまで重い重量を扱う訳でもないため,パワーベルトの使用をやめ,レザーベルトの形状のベルトを使っています.ジムに行くと,どちらのベルトを使っている人も多いため,自分の用途に合わせてベルトを購入してくださいね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました