装着すると膝の安心感がすごい!GASPニーラップレビュー

トレーニング道具

スクワットはどうしても高重量でやりがちですが,そうなると膝関節への負担がどうしても増えてきます.

関節は壊してしまうと代えが効かないため,壊す前の予防が非常に重要となってきます.今回は,そんな膝を守るための道具であるニーラップ (GASP)のレビューを公開します!

ニーラップとは

ニーラップとは,英単語の綴りだとKnee (膝) Wrap (包む)という言葉から分かる通り,膝に巻いて怪我を予防するための道具です.装着した外観が以下の通りになります.

この他に,膝の怪我予防するための道具は,ニースリーブがあります.ニースリーブは,英単語の綴りだと,Knee (膝) Sleeve (袖)と分かる通り,膝を通すものです.装着した外観が以下の通りになります.

GASPのニーラップ

GASPのニーラップですが,黒と黄色のストライプになっています.この配色は,以前の記事で紹介したGASPのリストストラップと同じ配色ですね (余談ですが,GASPのエルボースリーブだけは,黄色と黒の配色ではありません).

長さの参考ですが以下の通りです (参考にiPhoneの充電器を置いてあります).

これだけ長ければ,ロニーコールマンが巻いても安心ですね笑!

ニーラップの巻き方

ニーラップは,平たく厚手の伸縮性のある布であるため使い方に当惑します.

使い方ですが,以下の動画が参考になります.

目安としては,膝の皿にニーラップがかかるくらいの部分から巻きはじめます.周回するごとに適度に締め付けていくことが肝要ですが,締め付けすぎると血が止まりそうな感覚になるため注意が必要です.

周回ごとに,前の周のニーラップに一部重ね合わせながら巻くとニーラップ同士の摩擦により,ニーラップがずれるという問題を克服できます.最後の部分では,端部をニーラップに潜らせて完成です.

使ってみて

使ってみて,まず最初は慣れなるのに時間がかかりました.膝周りを固定するため,慣れないうちは高重量のスクワット時に用いても,膝周りが窮屈になり,ありがたみを感じることができませんでした.ただ,慣れてくると,窮屈になる感じが逆に固定されていると感じることができ高重量のスクワットでも安心してしゃがむことができる様になりました.また,伸縮性があるため,ボトムでニーラップの反力を用いることができます.以上の2点にメリットにより,個人的にはニーラップを用いることでスクワットの重量は15kg程度重い重量を扱うことができます

一方,問題点としては,やはり装着に時間がかかるということでしょう.ニースリーブの場合は膝まで上げるだけですが,ニーラップは巻くという手間が発生します.特に,インターバルを厳密に測定してトレーニングしている方なんかは非常に煩わしいのではと思います.また,ニースリーブと比較して,エクササイズ中にニーラップがずれてきて外れるということも発生します (ニースリーブは形状上,外れる事はありません).これは,往々にして,巻き方に問題があるために発生するのですが,これが結構気になります.

どこで買うのが良いか

GASPのニーラップですが,現状だとamazonで購入することはできません (2019/08/05調べ) .

サウスランドファーマシー だと,4500円で購入することができますが,現在は品切れです (2019/08/05調べ).

別サイトになりますが,プロボディビルダーの山岸選手が経営している,Bodi Cafeなら在庫もある様なので49ドルで購入することができます (2019/08/05調べ).

ただ,実際のところ,ニーラップは会社によってそこまで大きく性能が変わるというものでもないため,そこまでこだわりがない人はamazonで良さげなものを探して使っても差し支えはないと思われます (例えば,Schiekは非常に定評のあるメーカーですので使ってみても良いと思います).

終わりに…

ニーラップは,他のサポーターと比較して装着率が低い様に思います.その反面,多くの方は高重量でスクワットをしているため,膝の怪我の予防という観点からニーラップの着用はおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました