Gorilla Wear トレーニングシューズは皆が使っていないシューズ!

トレーニング道具
DSC_0054

トレーニングシューズについては,当ブログではいくつか紹介させて頂いております.

機能面,ファッション面で大満足!Otomixのトレーニングシューズは海外ボディビルダー好きには絶対おすすめ!
トレーニング初級者を脱したら,次はトレーニングのためのシューズにこだわってみてはいかがでしょうか.今回はOtomix社のNinja warrior のレビューを行います.
5本指シューズは持ち運びに最大のメリットあり!Vibram V-Trainレビュー
ジムで履いている人を多く見る5本指シューズについて,私も持っておりたまに履いております.今回は,そんな5本指シューズであるVibram Fivefingers V-Train レビューを公開します!

今回はGorilla Wearのトレーニングシューズのレビューを行います.

Gorilla Wearとは

Gorilla Wearは1980年代にアメリカで創設された老舗のトレーニングウェア会社です.

近年の主な契約選手としては,圧倒的なバルクを誇るBig Ramy,近年は手術の影響であまり振るっていませんが驚異のバルクを誇っていたDennis Wolf,一昨年のMr. Olympiaでは3 位で昨年のArnold Classicでは見事優勝を果たしたWilliam Bonacがスポンサー契約している会社です (余談ですが,William Bonacは昨年のMr. OlympiaまではMNXとスポンサー契約をしていました).

今回購入した商品

Gorilla Wearはいくつかトレーニングシューズの販売を手がけていますが,今回購入したのはHigh Topsという商品です.

価格は,およそ1万円程度で購入しました.公式サイトを見ると約90ユーロなので,購入した価格は妥当であると言えます.

購入方法ですが,Gorilla Wear Japanの公式サイトがありますのでそこから購入することができます.今,確認したところ,このサイトで購入すると18680円なので結構高めですね.おそらく,アメリカ等からの直輸入で販売しているため手数料が上乗せされていと考えられます.公式サイトで日本にShippingできるかは,まだ確認していないため確認出来次第,その方法と価格をシェアさせて頂く予定です.

(2019/3/11追記: サイズが限られますが,楽天でも購入することができます)

外見はどんな感じか

開封です.箱はこんな感じです.

箱が,黒を基調として,赤と白で文字が入っており,拘りを感じられますね.

蓋をとるとこんな感じです.

まず,後ろはこんな感じになっています.

 

このタグがなんともカッコ良いですね.また,後ろ側のデザインがなんとも秀逸で,ロゴの上に入っている加工によって3次元的な立体感が出ています.ただ,少し気になる点があるとすれば,刺繍のいちが若干ずれており,このラベルが若干斜めになっていると言うことです (そこまで気になりませんが…).

前はこんな感じになっています.

 

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが,このシューズは紐とマジックテープと言う二重構造で締める様になっています.ただし,紐が結構長いため注意が必要です.

靴底はこんな感じになっています.

見るとわかると思いますが,全面フラットに加工されています.ちなみに,横から見た写真でお気付きの方もいらっしゃると思いますが,つま先が結構上がる様に作ってあります.また,靴底自体はかなり薄く,靴を履いていますが,感覚としては結構素足に近いかなと言うのが個人的な感想です.

使い心地は

使い心地としては,Otomixのシューズよりも作りが薄いなと言う感じがします.

足底の感覚は,Otomixの方がしっかりと踏ん張りやすい感じがします (言い換えると,Otomixの方がなんとなく包みこまれている様な感じがします).一方,Gorilla Wearの靴は靴底が薄いため,床を踏ん張る感覚を得やすいと言うメリットがあります.

また,仕様に当たって,紐を結んでからマジックで止める必要があるため,面倒くさがりの人は結構嫌がるかもしれません.

サイズは,Otomixとほぼ同等のサイズ感です (すなわち若干,小さめに作ってあります).

終わりに…

Gorilla Wearの製品は,基本的にはシューズよりもトレーニングウェアが主力商品であり,その中には結構魅力的なものが多いです.また,セールを頻繁に行っていることから,一回購入をしてみたいです.購入したら,みなさんにもシェアしたいので,乞うご期待ください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました