機能面,ファッション面で大満足!Otomixのトレーニングシューズは海外ボディビルダー好きには絶対おすすめ!

トレーニング道具

トレーニングに慣れてくると,トレーニング時の服装が気になってきます.その中で,トレーニングのパフォーマンスに直結するため,トレーニングシューズはファッションでも機能性でも重要です.

今回はOtomix社のNinja warrior Bodybuilding Wrestling Boxing Shoeのレビューを行います.

Otomix社との出会い

海外のプロボディビルダーのトレーニング動画を見ていると,ハイカットのシューズを履いている方が多く,自分もそれが欲しいと思ったのがきっかけです (厳密に言うと,Kai Greeneと言うプロボディビルダーの履いているトレーニングシューズを探していたらOtomixと出会いました (現在,Kai Greeneが履いているシューズはRyder Wearと言う別会社のシューズであることが多いです).).

Otomix社を知って驚いたことが,この記事の表題にある通り,ボディビルディング専用のトレーニングシューズを製作しているということです.あくまで,トレーニングではなく,ボディビルディング専用としていることから非常にハードコアな感じがします.

箱が届きました

まず,箱はこんな感じになっています.

やはり,外国の方の忍者に対するイメージってこんな感じ何だろうなと言うことがわかります笑.ただ,やはり,アメリカのメーカーであるだけ,箱のデザインも十分に拘っているなと言うことを感じます.

シューズの外観

シューズ自体は以下の写真の様な感じです.

赤と黒がコントラストになっており,非常にかっこいいなと思いました.ただ一点,言及店があるとすれば,靴紐は黒色の方がより良かったなと言う様に感じました (後日談になりますが,なぜか右のシューズの紐だけがほつれてきてしまい,使用不可にになったためamazonで黒い靴紐を購入し靴紐を黒色にしました).

また,靴の裏にOtomixと文字が入っており,靴の裏がふとした拍子に見えても非常におしゃれだなと感じることができます.

使ってみて

特徴としては,まずはその靴底の絶妙な厚さに驚くかと思います.イメージとしては,靴底は薄いのだけれでも,柔らかくホールド感があると言う感じです.靴底の厚さはトレーニングを行う上で非常に重要です.例えば,レッグプレスやスクワットはどうしてもマシンや床を踏みしめるため,靴底が薄すぎると足の裏が痛くなってしまうためです.

また,脛等を覆う部分にクッション材が採用されているため,履いた時に足がすごくホールドされているのを感じます.そのため,ハイカットだからと言って,擦れると言うことは全くありません

一方,ハイカットであるため,慣れるまでは特にスクワットをするときに違和感を感じます.違和感の原因は,膝を曲げる際に脛にシューズの端があたり,膝が曲げにくいと言う欠点があります (慣れれば問題ありませんが…).

どうやったら買えるか

まず,本体価格は定価で240ドル (約27000円)です (公式ホームページだとだいたいセールをやっているの150ドルくらいになっていることが多いです).

公式サイトで購入ができるため,一応念のために日本への輸送料を問い合わせたことがあるのですが,54ドル (約6000円)かかると言われたたため,流石に公式ホームページで購入することは断念しました (今考えると,もう少し待てば全世界フリーシッピングと言うキャンペーンがあったかもわかりません).

他にも日本のサイトを調べていたのですが値段が非常に高く (また欲しいモデルもなく),私は途方にくれていましたが,楽天ショッピングで検索するとヒットするではありませんか!

それがこのサイトです.

価格は21600円と非常に良心的です.

このサイトを初めて訪れたときは,品切れになっていたのですが,すぐに入荷して購入することができました (このときのサイト主様の親切な対応が非常に印象的でした).

そのため,Otomix Ninja warriorが欲しい方は楽天ショッピングが非常にお勧めです.

終わりに…

ゴールドジムでトレーニングをしていてもOtomix Ninja warriorを履いている人はあまりいません.

みんなと同じシューズを履きたくないと言う方はぜひ購入を検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました