私が考えるトレーニング必需品 (道具編)

トレーニング道具

突然ですが,みなさんはトレーニングに行くときに何を持って行きますか?

「ウェアーとシューズがあれば十分じゃん」と思っている方も多いかと思いますが,今日は私がトレーニングに持参している道具をご紹介します (ちなみに,1個でも持っていくのを忘れてしまうとテンションがだだ下がりしてしまいます…).

私がトレーニングに持参する道具

持参している道具としては

  • リストストラップ (gasp)
  • パワーグリップ (VERSA GRIPPS)
  • トレーニングベルト (Cardillo)
  • トレーニンググローブ (212 PERFORMANCE GLOVES)
  • 肘サポーター (SLINGSHOT)
  • 手首サポーター (gasp)
  • ニーラップ (gasp)

になります. ()がそれぞれの道具を販売している会社となります (ただ,ニーラップはかさばるため脚トレの日しか持参しません).

過去には色々なメーカーのものを使ってきましたが,現在はこれで落ち着いています (これから増えていく,更新していく可能性は十分あります).

なぜ道具を持参しているか

基本的にはジムでトレーニングを行っているのですが,マシーンのアタッチメントしか置いてないお店が多いかと思います (GOLD’s GYMとかそうですよね).以前,ビジターで使ったジムではトレーニングベルトが置いてありましたが,基本的に他人の汗が染み込んだベルトを使うのは気が引けますよね.そのベルトがGOLD’s GYMのレザーベルトだったので,特に男性が使った後だと汗染みが目立つんですよね.そのベルトですがこんな感じです.

出典: フィットネスショップ

ベルトの内側が白く,塗色がなされていないため汗がつくと凄く目立つんですよね…(ベルトとしての性能は申し分ないのですが)おそらく,特に女性の中では気にされる方も多いかと思います.

また,比較的トレーニングが好きな人が通っていると言われているGOLD’s GYM でさえも基本的に上述したような道具は置いてありません.

そうした状況から,トレーニング道具を個人的に買って持参することを強くおすすめします.

なぜ道具が必要か

トレーニングを続けて行くと,扱う重量も増えていくのですが,それと同時に怪我のリスクも増えていきます.特に,BIG3と呼ばれる,スクワット,デッドリフト,ベンチプレスは行う際に多くの関節を稼働させるため,重量に比例して怪我をするリスクが増えていきます.

そうした状況から事前に身を守るためにトレーニング道具は必要であると個人的に考えています.

どんな人に必要か

しかし,トレーニング道具が全ての人におすすめできるかと言うとそうでもありません.基本的に,トレーニングの初級レベルを脱したと考えている方が使うと大きな効力を発揮するかと思います.

初心者の方は,まずは重すぎない重量を扱うことで適切なフォームを身体に覚えさせることが重要となります.そのため,トレーニング道具を使うほどの高重量を扱う必要はないため,必然的に以上で述べた道具は必要ありません

したがって,トレーニングの道具はトレーニングはしているけども,いまいち扱う重量が上がってこないというトレーニングの初級を脱した方達にはおすすめできるのではないかと思います.

終わりに…

たかがトレーニングするのに,荷物が多すぎるんじゃないと思われる方も多いかと思いますが (実際に母にも言われてました),道具によってトレーニングのランクは1段階も2段階も上に行くかと思います.

ただ,トレーニングに関する知見,サプリメント及び道具はアメリカがかなり進んでいるのですが,初めて買うには如何せん買い方が難しいですよね.そんな方のために,本サイトでは私がレビューも含め,どこでどのように買ったかを公開したいと思います .

コメント

  1. […] トレーニング必需品_道具編トレーニングには,ウェアーとシューズ以外に"小道具"を持って行くことでトレーニングの質がアップ! 今回は管理人が愛用している道具を紹介します […]

タイトルとURLをコピーしました