ロニーコールマン,手術から回復しトレーニングを再開したが…

海外トレーニング 事情

過去,最多タイの8度のミスターオリンピアを獲得しているRonnie Colemanが手術から復帰してトレーニングを再開しました (Ronnieは,ボディビルディング競技からは引退しています.).

今回は,Ronnieの復帰に関して考えたことを皆さんとシェアしたいと思います.

ロニーコールマンの回復後のトレーニング

動画はこちらになります.

そもそも,手術についてですが,彼は12回に及び手術を経験しております.

手術部位は,脊椎や膝周りなど様々ですが,今回は確か膝周りの手術だったと思います.手術の規模から,彼はもう二度と歩けないのではないかとも言われていましたが,レッグプレスをしている限り,大丈夫そうですね.

彼の手術の原因ですが,言わずもがな,ヘビートレーニングの弊害でしょう.往年の彼のスクワットですが,ギア有りと言いながらも (ウエイトリフティング選手が競技用に装着する服みたいなものです),360kgを超える重量でスクワットを行っていました

また,デッドリフトの重量も凄まじく,フルレンジでこちらも360kgを超える重量で行なっていました (日本のジムでよく見かける,ラックから引き切るトップサイドのデッドリフトとは訳が違います)

その往年のトレーニングに身体が耐えられなかったのでしょう.

一方で,ロニーコールマンの最大のライバルと言われていた,Jay Cutlerですが,彼は手術をしたと言う情報はなく,まさに健康そのものです.Jayも高重量でトレーニングを行っていましたが,Ronnieほどではなく,自分には高重量のトレーニングは合わないと考えて異なるトレーニングアプローチを導入しました.そう考えると,高重量トレーニングは,中長期的に見るとやはり体に芳しくないことが言えます.

もう一点気になったこと

もう一点気になったことは,彼の腹回りのコンディションです.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yes it’s me again with my shrinktoning cream. I really don’t care what some of you believe but for those who do believe. Yes this is a form of cream that I used to get ready for contests back in the day. I would put it on daily before cardio to help lose fat and burn calories and it worked great. It worked so good that I still use it today. The brand I used back in the day I no longer use because I like this one better. I’m still using it today when I can train and I just started back recently training. I have been unable to train because of all the recent surgeries. As you can see I’m starting to get a little bit leaner but I do need more time with the cream as to get much leaner. You can get the cream by going to their Instagram @shrinktoning. You can also get it by going to their website shrinktoning.com or Amazon.com. #yeahbuddy #lightweightbaby #itstillaintnothingbutapeanut

Ronnie Colemanさん(@ronniecoleman8)がシェアした投稿 –


このお腹の出方が,気になっていて,これはおそらく (確実に)ステロイドの弊害でしょう.ステロイドは摂取すると,内臓が肥大するため,顕著にお腹周りが出てくるのですが,その状態と合致しています.プロボディビルダーとして,競技からは引退していますが,現役時代の過剰な摂取が今になって問題になっているのかなぁと思います.

こう考えると,やはりステロイドは中長期的に考えると,身体に与える影響は甚大なんだと実感します.

終わりに…

今回のRonnieの状態をみて思ったことは,「いつまでも健康でいたいな」と言うことです.トレーニングは,中長期的にみて,関節等に無理がかからない様にしなくてはいけませんね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました