特に臀部がサイズアップ!アワディブ近況アップデート

アワディブ 2021年 2022年 比較

SNSで絶大な人気を誇るBlessing Awodibu (アワディブ)は,2021年に待望のプロデビューを飾りましたが,出場したIndy Pro 2021,New York Pro 2021では何れもほろ苦い結果に終わりました.

何れのコンテストでも,彼が他の選手と比較したときに圧倒的にサイズが足りないのが顕著で,それが彼の課題でしたが,1年を経てかなり改善している兆しがみられるようです.

今回は,アワディブの2022年の近況アップデートについて皆さんとシェアしたいと思います!

Blessing Awodibu (アワディブ)とは

Blessing Awodibu (アワディブ)は,1991年,アイルランド生まれのプロボディビルダーです.身長は,177.5cm,体重は約107 kg-111 kgです.

彼は,冒頭でも述べたようにSNS上で大人気であり,プロテインを神の粉と言っているコミカルな動画を多くの方は一度は見たことがあるのではないかと思います.

SNSでは大人気ですが,実は出場したコンテスト歴はそこまで多くありません (だからこそ,彼はサイズももちろん他選手と足りませんが,コンディションも正直いまいちです.).彼は,2017 IFBB Diamond Cupのオーバーオールで優勝してIFBBプロカードを取得し,そこから,4年後のIndy Proでプロデビューを果たし3位に入賞しました.また,同年のNew York Pro 2022では6位に入賞しました.

プロデビューの年の成績としては悪くありませんが,彼が2017年にプロカードを取得し,プロ初戦まで3年間の時間があったことを考えると,そこまで良い成績でもないということが言えます.

アワディブ,サイズアップの情報

アワディブがサイズアップしている情報ですが,彼の以下のインスタグラムの投稿によります.

今回のこの投稿ですが,左が2022年のアワディブであり,右が2021年のアワディブです.撮影した日付が左右の何れでも3/30であることから,ちょうど1年前との比較です.

この投稿を見てわかりますが,明らかにこの一年間でサイズアップしていることが言えます.

まず,一番サイズアップしているのがわかるのが臀部です.2021年のアワディブは,臀部がないわけではありませんが,非常に小さい四角形になっているのに対して,2022年のアワディブは2021年よりも1周り以上大きい臀部となっています.臀部が大きいというのは,非常にメリットであり,たった一年でこれだけ成長するならば,今後,臀部の大きさは臀部がかなり強いWilliam Bonac (ウィリアムボナック)に匹敵する可能性があるのではないかと感じています.

 

この投稿をInstagramで見る

 

William Bonac(@william_bonac)がシェアした投稿

次に,上半身の厚みです.アワディブは,上半身はそこまで弱点ではありませんでしたが,それでも他の選手と比較すると上半身の厚さに課題があるのは明らかでした.2022年のアワディブは僧帽筋上部,と脊柱起立筋をサイズアップしたことで背中全体の厚みがかなり感じられるようになっています.また,恐らく,ポージングの仕方も良くなっていることがわかります.

以上からわかる通り,現状,アワディブはかなりサイズアップをしていることがわかります.ただし,彼の最大の弱点である脚については,今回の投稿では十分にはわからないため,できればフロントポーズやサイドポーズの写真が欲しいところでした.

終わりに…

今回,2021年と2022年のアワディブを比較することで,2022年のアワディブは明らかにコンディションが良くなっていることもわかり,このことから,2022年も何らかのコンテストに出場するのではないかと噂されています.

特にそのコンテストとして挙げられているのがIndy Pro 2022であり,もし本当にIndy Pro 2022に出場するならば,2021年の雪辱を期待したところですが,Justin Rodriguezが2021年の引き続き出場するという噂もあるため,厳しい戦いになるのは避けられないと思います.

関連記事