2017年にリッチピアーナに何が起こっていたのか?彼の死の真相とは

みなさんは,リッチピアーナというボディビルダーをご存知でしょうか.

彼を知っている人からすると,ボディビルダーというよりも実業家としての側面の方が強いかもしれません

リッチピアーナは,2017年に47歳という若さでこの世を去ったのですが,2年たった今,その真相について言及している動画を今回見つけましたのでシェアさせていただきます!

リッチピアーナとは

リッチピアーナとは,1970年生まれのアメリカのボディビルダーであり,2017年に不慮の事故で亡くなりました.身長は183 cmで体重は100-143 kgであり,特筆すべき事項としては,彼はIFBBプロボディビルダーではなかったということです.

 

彼は,ボディビルダーとして活躍していたというよりも,youtuberを中心に活躍しており,その動画の多くは「ステロイド及びホルモン剤の使用が人体に与える影響」についてでした.実際に2014年に公開された動画では,彼が18歳のときから継続的にアナボリックステロイドの使用を認めており,ステロイドの使用を公に公表している人は少ないことから非常に注目を集めました.

彼自身は,ステロイドの使用を認めてはいましたが,他者に対してステロイドの使用は「自分自身を傷つけるもの」として決して勧めていませんでした.その一方,プロボディビルダーなどのステロイドを使用しなければならない人に対して,「適切にドラッグを使うためには」についての動画を公開していました.

彼はyoutuberとしても非常に有名でしたが,彼は5% Nutritionの経営者としても有名でした.5% Nutritionの人気は凄まじく,オリンピアのエキスポなどに出店すると,すぐに売り切れてしまうということで有名ですね.

そんな彼ですが,2017年に突然死去します.一般的には,長年のアナボリックステロイド服用もしくは,インスリン投用による急激に血糖値の低下が一般的とされています.

リッチピアーナの死の真相は

リッチピアーナの死の真相について語られた動画は以下になります.

今回の動画では,リッチピアーナのガールフレンドが彼の私の真相について言及するという形がとられています.

今回の動画で述べられていますが,彼が倒れた直後の様子は以下の通りだった様です.

リッチピアーナが亡くなったニュースを見聞きしたことのある多くの人は,彼が散髪中に亡くなったということはご存知かと思います.そのときの詳細ですが,彼は散髪中に心臓発作を起こして倒れたときには,心臓が止まっていたためすでにほぼ亡くなっていた様です.その後,彼女による11分以上の心臓マッサージ,レスキュー隊による30分間に及び処置を行った様ですが彼を蘇生することはできなかった様です.

血糖値の急激な低下を抑えるためのコーラがあったという話がよくされていますが,これは,どうやら事実ではなく,実際に近くにあったのはプレワークアウトサプリの白い粉だった様です.この白い粉が,一般的に何らかのドラッグだったのでは考えている人は多い様ですが,警察による鑑識の結果,これがプレワークアウト様のサプリメントであったということは確かな様であり,彼が亡くなったということとは無関係の様です.

となると,彼は精密検査を行ってはいませんでしたが6ヶ月に1度定期検診に行っていたといこともあり,やはり,彼の死因としてはステロイドの副作用というよりはインスリンによる急激な血糖値の低下が濃厚だと思います.

終わりに..

こうしてみると,やはりドラッグは危険ですね.

リッチピアーナが動画を出してから,日本でも知識がなくドラッグを使用している人が増えている印象ですが,やはり危険だと思います.

また,ステロイドだけでなく,インスリンも非常に危険なサプリメントであると再認識しました.

関連記事