甲乙つけ難し!アーノルドクラシック2019 in コロンバス順位予想

毎年3月に行われるアーノルドスポーツフェスティバルは通称,アーノルドクラシックとして認知されています.

アーノルドクラシックは,あの有名なアーノルドシュワルツネッガーが主催するスポーツの祭典でウェイトリフティングやボディビルディング等が行われます.

その中の一番の目玉がボディビルディングです.

今回はアーノルドクラシック 2019 in コロンバス オハイオのオープンクラスのボディビルディングの1-3位の順位予想をします!

アーノルドクラシックとは

アーノルドクラシックは,ボディビルディング界隈では非常に有名な大会であり,世界で三本の指に入る大会です (ちなみに,1番はミスターオリンピア,2番がこのアーノルドクラシック,3番がニューヨークプロです).

アーノルドスポーツフェスティバルは,アメリカで行われるものが一般的ですが,他にもオーストラリア,ヨーロッパ (スペイン),南アメリカ (ブラジル),アフリカ (南アフリカ)で行われます.その中でも,アメリカで行われるものが最大の規模であり,特にExpoと呼ばれる各サプリメントメーカーの商品を購入できるイベントはミスターオリンピアを凌ぐほです.

2019年のアーノルドクラシック (USA)は2/28-3/3 (現地時間)に行われるそうです.

ちなみに,1位の賞金が130000ドル2位の賞金が75000ドル3位の賞金が50000ドルと言う数値からもその規模と大会の権威の高さが伺えますね .

オープンクラス エントリー者一覧

オープンクラスのエントリー者は以下になります.

ライオネルバイヤキ
ウィリアムボナック
Rafael Brandão
ブランドンカリー
チャールズディクソン
スティーブククロ
Josh Lenartowicz

ビクターマルティネス
セドリックマクミラン
ルークサンド
Mikhail Volinkin
アキームウィリアムス
ローリーウィンクラー

注目選手

ウィリアムボナック

2018年のアーノルドクラシック (USA)でのチャンピオンです.

彼の特徴としては,やはりコンディショニングの良さでしょう.彼は170cmと小柄な選手であるため,後に紹介するローリーウィンクラーの様なマスモンスターにはサイズで負けてしまうことがあるのですが,そのコンディショニングは他の追従を許しません.2018年のミスターオリンピアでは若干ピークを外してしまったのですが,リベンジできるか期待です.

個人的には,彼のモストマスキュラーポーズは非常に好きです.

ブランドンカリー

本大会のダークホースと言って良いでしょう.

昨年のミスターオリンピアでは,ウィリアムボナックに次いでの5位であり,上位を伺うには十分なポテンシャルを秘めています.ソーシャルメディアで見る限り,かなり調子が良さそうなので,あとはコンディション次第といったところです.

ビクターマルティネス

個人的に,1番注目すべきなのがビクターマルティネスが出場する点ですね.

彼にはおよそ2年のブランクがありますが,2007年のミスターオリンピアでは”疑惑の判定”で惜しくもジェイカトラーに破れ2位であったところから分かる通り (私も含め,大半の人は彼がが1位であったと言っています),ポテンシャルは絶大です.ちなみに,2007年のアーノルドクラシックでは優勝しています.ただ年齢的に,過渡期を過ぎつつあるので少々厳しいかなと言う印象です.

セドリックマクミラン

2017年のアーノルドクラシック in コロンバス オハイオのチャンピオンです.

ボディビルダーには珍しく,185cmと非常に高身長の選手です.非常に脚が長く,イメージとしてはクラシックなボディビルダーのイメージに近いです.そのため,筋肉のバランスが非常に取れているのが特徴です.ただ,身長に対しての筋肉のサイズ不足もあり,最近の大会ではやや元気がないため,上位を伺うには少々厳しいかもしれません.

 

View this post on Instagram

 

There was this one time in Italy when my back was lean

Cedric McMillan -The Oneさん(@cedricmcmillan)がシェアした投稿 –

ローリーウィンクラー

2018年のアーノルドクラシック in オーストラリアのチャンピオンです.

2018年にプロになって初のビッグタイトルを手にした勢いで,2018年のミスターオリンピアでは3位だったローリーウィンクラー (2位でもおかしくなかったと言う意見もあります).彼の特徴は,上記で述べた様な圧倒的なサイズでしょう.サイズで彼に勝負できる選手は本大会では見当たりません.ただ,彼の場合,コンディショニングの管理があまり上手ではないため,コンディショニングが良ければ,”非常に危険な選手”になるのですが,外してしまうと正直,「うーん」と言う選手になるためコンディショニング次第となります.

 

View this post on Instagram

 

You deserve the title #rolleywinklaar

Kushさん(@kush_amar_singh)がシェアした投稿 –

順位予想

私の順位予想は以下になります.

1位 ウィリアムボナック 

2位 ローリーウィンクラー 

3位 ブランドンカリー

です.

Instgram等で確認して見ると,やはりウィリアムボナックのコンディションが際立っているため,彼が1位なのは硬いですが,2位と3位で迷いました.ローリーウィンクラーのコンディションがイマイチと言う情報を手に入れているため,彼が2位になるかは怪しいところですが,なんだかんだ最終的に帳尻を合わせて来そうな予感がしたため2位にしました.3位にダークホースのブランドンカリーがくるかなぁという感じです.

終わりに…

最近の流れだと,サイズよりもコンディション重視の傾向があるため,コンディションに強いウィリアムボナックが有利と予想しました.

ちなみに,アーノルドクラシックはYoutubeでご覧になることができます.私もいつかは本場アメリカで生で観たいと強く思っています!

関連記事