Brandon Curry が初優勝!アーノルドクラシック2019 in Columbus Ohio ボディビルオープンクラス結果

海外トレーニング 事情

アーノルドクラシック2019 (USA)のオープンクラスでBrandon Curryが初優勝しました!

それでは,今回のオープンクラスの順位を見ていきましょう!

順位

最終的な順位は以下になります.

1位 Brandon Curry

2位 William Bonac

3位 Luke Sandoe

4位 Cedric McMillan

5位 Rolley Winklaar

1位から4位までの選手の比較動画が以下になります.


 

1位 Brandon Curry

以前の記事で3位と予想したBrandon Curryが1位でした.動画を見る限り,かなり調子が良さそうでした.Brandon Curryは,上半身に対して,脚が細いと言う問題を抱えていましたが,本大会ではそれを改善してきた様です (それでもやはり周りの選手と比べると細いですね).

コンディションについては,お腹周りを見ればわかる通り腹筋のセパレーションもはっきりしており,上半身全体のバランスが非常に良かったのが印象でした.また,特にバックポーズを取ったときの筋肉の厚みは目をみはるものもありました.

2位 William Bonac

以前の記事で1位と予想したWlliam Bonacが2位でした.脚のサイズ,コンディションは1位のBrandon Curryよりも優れていましたが,おそらくお腹周りがジャッジに影響したのかなと思います.ウエストが1位だったBrandon Curryよりも若干太く,腹筋のセパレーションがやや欠けていたかなと感じています.近年の大会では,昨年のMr. Olympiaからもわかる通り腹回りのコンディションをかなり重要視する傾向があるため,それによって2位だったと考えています.

3位 Luke Sandoe

3位はLuke Sandoeでした.大躍進です!彼は,これまで大きな大会では2018年のアーノルドクラシック (オーストラリア)で6位だったのが最高順位であったため,今回の結果は非常に自信に繋がったと思います.

元々サイズのある選手でしたが,コンディションに重きを置いた結果今回の結果に繋がったのかなと考えています.

 

4位: Cedric McMillan

4位は以前の記事で注目選手として取り上げたCedric McMillanでした.個人的に3位と4位はかなり接戦だったかなと感じています (実際に,フロントラットスプレッドなどポーズによってはCedricの方が優れていると感じましたし…).

Cedricは,やはりシーズン序盤の3月は非常に良いコンディショニングをしていると感じます.このコンディショニングをOlympiaまで維持,改善できればかなり恐い存在になると思います.

(写真は上がり次第載せますね)

5位 Rolley Winklaar

以前の記事で2位と予想したRolley Winklaarが1位でした.やはり,前評通り,昨年のMr. Olympiaと比較してコンディションが甘かったですね.特にウエストが十分に絞れてなく,若干皮膚感も水っぽいですね.

Rolleyは,サイズに関して彼に勝る選手はほとんどいないでしょうが,やはりコンディションが課題であると思います.コンディショニングのピークを試合に的確に合わせられる様になれば,より恐い選手になると思うのですが… (Rolleyの場合,本番はMr. Olympiaであると捉え,そこにピークを持ってくる様に調整しているかもしれませんが…)

右から二番目がRolleyなのですが,この写真からわかる通り,やはりウエストが絞り切れていませんね.また,ポージング間にRolleyのお腹がの出方が常軌を逸っしているため少し心配しています…

 

View this post on Instagram

 

Now that all is said and done, I feel I owe it to my fans to explain the events that happened before the Arnolds. I realize my showing was not my best, but before the show I don’t make excuses, especially when I make the commitment to compete at the Arnolds already. I do the job as best as I can. I do it for the fans because I don’t want to let them down. At the beginning of the year I underwent minor surgery for my knees which meant I took a break from my leg training and when I did start back training legs I could only train at 85%. The biggest blow though was when I went to Nepal to guest pose I ended up contracting food poisoning and became very sick just two weeks before the Arnold. I have to say thank you to the people of Nepal for making their best effort to take very good care of me when I was sick. I am sorry I disappointed you, but you know that this time was not typical Roelly Winklaar and I can only promise to come better next time. Thank you all for your love and support. AND CONGRATZ TO TOP 6 2019.. @brandon__curry verry happy for you man.. @abdullah_84otb 💪 @william_bonac @cedricmcmillan @stevekuclo @lukesandoe

TeamWinklaarさん(@roellywinklaar)がシェアした投稿 –

終わりに…

プロレベルになると,ある程度のサイズは当たり前でやはり最後はコンディショニングがものを言うのだなと強く感じました.

今回初優勝したBrandon Curryは,今回のコンディションをMr. Olympiaでも披露できれば非常に恐い存在になりそうですね.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました