凄まじい脚!Derek Lunsford,近況アップデート

Derek Lunsford

オリンピア 2021の212 lbsクラスのチャンピオンであるDerek Lunsfordは,Special Invitationを受け取ることでミスターオリンピア 2022にデビューが決まっています.

ミスターオリンピア 2022まで4週間と迫る中で,彼が素晴らしい脚を披露していたため,皆さんとシェアしたいと思います!

Derek Lunsfordとは

Derek Lunsfordは,1993年生まれのアメリカ出身のプロボディビルダーです.身長は167.5 cm,体重は88.3 kg-93.0 kgと言われています.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Derek Lunsford(@dereklunsford_)がシェアした投稿

彼は,非常に才能に溢れた選手であり,2017年にNPC USA Championshipsで優勝することで若干24歳にしてプロカードを取得します.プロカード取得から1ヶ月後に行われたタンパプロ 2017の212ポンドクラスで優勝し,オリンピア 2017の獲得権を得ます.そこで,初出場ながら,オリンピア 2017では5位に入賞し,非常に注目を集めました.

それからも彼の快進撃は続き,オリンピア 2018では,絶対王者フレックスルイスに肉薄する形で2位に入賞し,オリンピア 2018を最後にフレックスルイスが212ポンドクラスから引退することを宣言したことから,ここからは,誰もがDerek Lunsfordの時代になると思いました (非常に若く,優れた肉体を持っていたからです.).

ただし,そこからは我慢の年が続きます.オリンピア 2019では,多くの人がDerek Lunsfordの優勝を予想する中で,彼のコンディションは芳しくなく2位に終わります.また,その翌年のオリンピア 2020でも彼のコンディションは一向に改善することはなく,まさかの4位に終わります.

オリンピア 2020で4位になったことを転機に,彼はコーチとして新たにHany Rambodを招聘し,オリンピア2021では彼史上,最高のコンディションを披露することで初優勝を果たしました.

ミスターオリンピア 2022に向けたDerek Lunsfordの脚の状態

ミスターオリンピア 2022に向けたDerek Lunsfordの脚の状態ですが,彼の以下のインスタグラムの投稿で知ることができます.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Derek Lunsford(@dereklunsford_)がシェアした投稿

相変わら凄い脚としか言いようがないですね.

脚のコンディションもそうですが,そもそも,外側広筋が非常に素晴らしいため,かなり脚が大きく見えます

Derek Lunsfordの2021年との比較

Derek Lunsfordは,そもそも,脚が非常に素晴らしい選手なのであり,それは212 lbsクラスの当時から変わっていません.実際に,彼はミスターオリンピア 2021に向けて準備をしている際に,以下のような投稿を行っています.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Derek Lunsford(@dereklunsford_)がシェアした投稿

この投稿から既に,彼が如何に優れているのかというのを推察することは非常に容易いですが,2021年と異なる点は,彼がここから「必要以上の減量をする必要がない」という点です.これは,「コンディションを甘くする」ということではなく,「必要以上に筋肉を削る必要がない」ということになります.

Derek Lunsfordは,その骨格の素晴らしさから,212 lbsクラスにアジャストするのに非常に苦労しており,実際にその理由から,今回,ミスターオリンピア 2022のSpecial Invitationを受け取りました.つまり,彼は,2021年までは,212 lbsにフィットさせるために,筋肉量をかなり犠牲にしていた側面も大きかったということであり,オープンクラスに転向した2022年はその心配がないということになります.

彼の脚の素晴らしさについては,Pittsburgh Pro (ピッツバーグプロ) 2022のゲスト@ポージングにて,ミスターオリンピアでトップ6に入る選手と互角以上であることがわかっており,そのままのサイズ感で彼が仕上げてきた場合には,トップ6を脅かす存在になると思います.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Derek Lunsford(@dereklunsford_)がシェアした投稿

終わりに…

Derek Lunsfordですが,212 lbsの選手だったこともあり,身長がそこまで高くなく,だからこそ,大幅なサイズアップをしなくてもかなりのレベルであるように見えます.実際,彼がコンディションが良ければ,トップ6に入る可能性は十分にあると思います.

関連記事