ブランチウォーレンはなぜ,フィルヒース,カイグリーンに勝てたのか

ブランチウォーレンと言えば,非常に迫力満点のトレーニングが有名な往年の名選手です.

今回は,そんな彼がフィルヒース,カイグリーンを倒し,なぜ,第一線で戦い続けることができたかについて回顧している動画を見つけたため皆さんとシェアしたいと思います!

ブランチウォーレンとは

ブランチウォーレンは,1975年,アメリカのテキサス生まれのプロボディビルダーです.身長は168 cmで体重は111-115 kgでした.


彼はテキサス出身ということで,彼のホームジムは,あの有名なメトロフレックスジムであり,彼のトレーニングパートナーであるジョニージャクソンと一緒にトレーニングをしている各種トレーニングはあまりにも有名です (いわゆる,バーベル,ダンベルを”落とす”ではなく,”ぶん投げる”トレーニングです笑.).

私も調べて驚いたのですが,かつて,サプリメントスポンサーとしてギャスパリと契約を行っていた様ですね.

彼の特徴としては,はちきれんばかりのバスキュレーションであり,その凄まじさは他を寄せつず,ミスターオリンピア 2009では2位,アーノルドクラシック 2011,2012では優勝を果たしています.

Hanny Rambotとブランチウォーレンの対談動画

今回,ブランチウォーレンが第一線で活躍できた理由については,Hanny Rambotとブランチウォーレンの対談動画で語られています.

この動画ですが,ロニーコールマンやマイクオハーンと対談を行うなど,ゲストが非常に豪華で面白いです.

ブランチウォーレンが第一線で活躍できた理由

今回の動画でブランチウォーレンが語っているのは,彼が「早々にして自分が遺伝的に優位な人間ではないことを自覚した」ということになります.

本動画でブランチウォーレンは,自分自身と比較して遺伝的に優れている選手としてフィルヒース,カイグリーン,デニスウルフを挙げています (フィルヒースで言えば,圧倒的な腕まわりや背中,カイグリーンで言えば圧倒的な脚,デニスウルフで言えば圧倒的なサイズと言ったところでしょうか.).一方で,ブランチウォーレンは彼のキャリアを通して,何れの選手にも勝利したことがあることを述べており (フィルヒース,カイグリーンにはミスターオリンピア 2009にて,デニスウルフにはアーノルドクラシック 2011,2012にて勝利しています),遺伝的要因は克服できる可能性があることを示唆しています.

ブランチウォーレンが,以上の様な遺伝的に優れた選手にブランチウォーレンが勝利することができた理由として,彼が「自分が遺伝的に優れていないということを理解して,誰よりも努力したから」であると述べています.

ブランチウォーレンが第一線で活躍できた最大の理由としては,やはり,かなり早い段階で自分の遺伝的要素が他者と比較して秀でたものではないということを自覚したことにあると思います.今回の対談では,彼は十代の頃にはすでに「自分が遺伝的に優れていない」ということに気づき,血の滲む様な努力をして前述した様な選手に対して勝利してきたと述べています.

ボディビルディングに関して,遺伝的要因というものは非常に重要であると多くの人が述べていますが,遺伝的に優れていなくても努力でカバーできるということに関しては,実は,山岸秀匡選手も述べており (むしろ,山岸選手の場合,あまり遺伝的要因を問題視していません),努力を継続する重要性を痛感します.ただ,やはり,タイミングが非常に重要で,「どれだけ早く自分自信の特性に気付けるか」というのが非常に重要だと思います.

終わりに…

IFBBプロというと,やはり,遺伝的に非常に優れた選手ばかりかと思うのですが,実はどうではないというのがブランチウォーレンの意見であり,だからこそ,プロでも努力が重要なのでしょう.

ただ,我々一般人からすると,その様な選手でも「十分に遺伝的に優れているのでは」と思ってしまいますよね….

関連記事