Breon Ansleyのオリンピア約3週間前の仕上がりが既に想像以上だった話

海外トレーニングニュース

ミスターオリンピア2019のクラシックフィジーク部門の注目選手として取り上げたBreon Ansleyについて,インスタグラムを見ていたら,なんとオリンピア直前にも関わらず一部のポージングを公開しているではありませんか!

今回はそんなBreon Ansleyの近況について公開します!

Breon Ansleyとは

Breon Ansleyはアメリカ出身のプロボディビルダーです.身長は170 cm,体重は83.9-88.5 kgです.個人的には,もう少し身長があるのかなと思っていたのですが,意外と身長もそんなにないんですね.体重に関しては,クラシックフィジークということもあり,若干軽めです.

 

この投稿をInstagramで見る

 

“CLAIM YOUR LEGACY” & for sure “BUILD YOUR LEGACY” 💪🏾🥇 ♠️🦢 @w_wittmannphoto with the 🔥🔥

Breon M. Ansleyさん(@breonma_)がシェアした投稿 –

Breon Ansleyは,2017年,2018年のミスターオリンピアのクラシックフィジーク部門を連覇しており,今回3連覇できるか注目が集まっています (ちなみに,2位は2年連続でクリスバムステッドだったのですが,一昨年は3ポイント差,昨年は1ポイント差だったこともあり,確実に差は詰まっているという印象です).

本来,オリンピアに近づくと,本番まで手の内を明かさないのが普通のはずなのですが,Breon Ansleyはかなり自信があるのでしょう,ポージングを公開しています.私は,彼のポージングを見るまでは,「正直,今年はクリスバムステッドかな」という印象を持っていましたが,やはりオリンピアを2連覇しているBreon Ansleyの仕上がりも尋常じゃないですね.

バックポーズ (バックダブルバイセップス)

バックのダブルバイセップスのポージングが以下になります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Train like you Pose & Pose like you Train! ♠️🦢@mrolympiallc #wedontjustmoveweightaround #staticholds #peeled #shredded

Breon M. Ansleyさん(@breonma_)がシェアした投稿 –

まだ,3週間あるということで,尻,ハムストリングスの仕上がりはそこまでではないですが,上半身の仕上がりはすごいですね.

僧帽筋等もすごいのですが,やはり,肩周りと上腕二頭筋でしょう.クリスバムステッドとのバックポーズの一番の違いは,やはりこの上腕二頭筋のピークかなと個人的に考えています.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Grinded through an old school back day rockin the @gymshark legacy range, going back to the bodybuilding roots. Classic Stringer, Classic Logo, Classic Physique👌🏼 #BuildYourLegacy Save this back workout to give it a go: – Wide neutral grip pull downs: 3 warm up sets (start light and feel scapula retraction each rep) 3 working sets of 10-12 reps. – T-bar rows: 2 warm up sets, 3 working sets of 8-10 reps (strap up and grind through some reps, form doesn’t have to be perfect, just push yourself) – Bent over dumbbell rows: 2 sets of 10-12 reps (keep core engaged super tight and drive elbows back and up) – Single arm dumbbell rows: 2 sets of 8-10 reps (increase weight from bent over rows and make sure to get a deep stretch at the bottom) – Reverse grip pull downs (superset 1): 4 sets of 8-10 reps (try and keep chest up and pull bar to below your pecs) – Cable pull overs (superset 2): 4 sets of 10-12 reps (keep weight moderately light focus on the stretch and squeeze) @Gymshark new color ways in the legacy range just dropped click the link in my bio to check it out🙏🏼 @mrolympiallc

クリスバムステッドさん(@cbum)がシェアした投稿 –

フロントポーズ (アブドミナルアンドサイ)

主に腹筋を見せるポージングであるアブドミナルアンドサイは以下になります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

♠️🦢

Breon M. Ansleyさん(@breonma_)がシェアした投稿 –

このポージングで,3週間前でもきちんとミッドセクション (腹筋)をコントロールできている様に見えるため非常に調子が良さそうです.ただ,ミッドセクションに関して,ウエストの細さを強調するバキュームポーズという古典的なポージングがあるのですが,基本的にはBreon Ansleyはそれを実施しているのをあまり見たことがない気がします

 

この投稿をInstagramで見る

 

I can’t, it is necessary to exclude from the thoughts. One managed, also others will be able. Nobody could, means will be the first. #aesthetic #frankzane #physique

Frank Zaneさん(@officialfrankzane)がシェアした投稿 –

(Frank Zaneのバキュームポーズです)

“クラシックフィジーク”というカテゴリーの名から,度々,そのポージングの有無について議論されているため,このポージングができないのは若干のイメージダウンなのかもしれません (その点,クリスバムステッドはバキュームポーズを得意としていますし…).

このポージングでは大腿四頭筋も注意する必要があるのですが,大腿四頭筋も既にかなり仕上がっていますね.

終わりに…

Breon Ansleyはこうしてみると,一部のポーズを確認するだけでもかなり仕上がっていることがわかりますね.恐らく,今年もクリスバムステッドとの壮絶な一騎打ちが予想されるため,どちらが勝つのか注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました