ジェレミーブエンディアが2020年にカムバックするかもしれない!

大きなニュースが入ってきました!2017年まで,ミスターオリンピアのメンズフィジークの部門において4連覇をしていた,ジェレミーブエンディアが2020年にコンテストの舞台に戻ってくる可能性がある様です!

今回は,そのニュースについて皆さんとシェアしたいと思います!

関連:チャンピオンを作り出すトレーナー,ハニーランボット考案のFST 7トレーニング

情報元

情報元は以下の動画になります.

この動画で分かっていることは以下の通りです.

  • コーチとして,アブドーラ氏 (ブランドンカリーのコーチ)を迎えること
  • 2020年のコンテスト準備は,Oxygen Gymで行うこと

Jeremyのコーチはハニーランボッドでしたが,2020年に向けてコーチを変更するのでしょうか.アブドーラ氏は,Oxygen Gymのトレーナーであるため,それに伴い,JeremyもOxygen Gymで2020年のコンテストの用意をする様ですね.

ただ,この動画でも述べている様に,私もOxygen Gymでの準備が果たしてメンズフィジークのための準備なのか疑問が残るところです.Oxygen Gymで活動しているボディビルダーとして,ブランドンカリーローリーウィンクラー,Ahmad Ashkanani,そして過去にはビッグラミーなどが挙げられますが,彼らに共通していることは,凄まじい筋量を誇っているということです.すなわち,Oxygen Gymは,バルクをつけるのに最適なジムであり,メンズフィジークのカテゴリーで十分な筋量を誇るJeremyにとってそれが適しているのか少々疑問が残るところです (Oxygen Gymでフィジーク競技というと,やはり不自然さがありますね.Oxygen Gymと言えばやはりボディビルディングではないしょうか.).

そうなると考えられるのは,メンズフィジークよりも筋量が必要となる,クラシックフィジークでの出場を考えているという可能性が挙げられます.と言いますのも,Jeremyは過去には,クラシックフィジークのポージングルーチンをソーシャルメディアに投稿していたこともあり,クラシックフィジークという競技に非常に興味を持っていると考えられます.

ただ,近年のクラシックフィジークは,メンズフィジークで重要視されるプロポーションもさることながら,サイズも重要視されています.ジェレミー自体,サイズ不足ということはないのですが,やはりクラシックフィジークというカテゴリーで見ると小粒感は否めません.また,クラシックフィジークと言えば,Chris BumsteadとBreon Ansleyが一つ頭を抜けており,オリンピアの度に彼らが熾烈な順位争いをしています (毎回1点差ですもんね….).その争いだと,流石に,オリンピアのメンズフィジークを4連覇していたジェレミーでも勝つことが難しいのではと予想します.

また,ジェレミーブエンディアも自身のInstagramで以下の様な投稿をしています.

以上で述べていることは,

2020 it’s on! I’m coming back to the stage to reclaim my title!”

2020年は勝負の年だ!タイトルを取り戻すために,再びステージに戻る!」

すなわち,2020年にステージに戻ってくることは確かの様ですね (ただ,それが果たして,どの舞台なのか,メンズフィジークなのか,クラシックフィジークなのかはわかりませんね…).

終わりに…

Jeremyは年齢的にもまだまだ活躍できるという中での引退でしたので,復帰のニュースは素直に嬉しいですね.個人的には,メンズフィジークでもう一度戦ってもらいたいですが,彼の筋量ならば優勝は難しいかもしれませんがクラシックフィジークもありですよね.

関連記事