ピッツバーグプロ 2021のメンズフィジークが凄い事になっていた

ピッツバーグプロ 2021 結果

去る2021/04/30に,アメリカ ペンシルベニア州のSoldiers and Sailors Memorial HallでPittsburgh Pro(ピッツバーグプロ) 2021が行われたのですが,そのメンズフィジークが凄いことになっていました.

今回は,この情報を皆さんとシェアしたいと思います!

ピッツバーグプロ 2021 メンズフィジークの結果

ピッツバーグプロ 2021 メンズフィジークの結果ですが,ボディビル専門誌であるFlex Magazineの以下のインスタグラムが情報源になります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

FLEX Magazine(@flex_magazine)がシェアした投稿

この投稿によりますと,1位から5位は以下の様になった様です.

1位:Kyron Holden (3)

2位:Raymont Edmonds (6)

3位:Erin Banks (9)

4位:Reuben Glass (13)

5位:Emanual Hunter (14)

()内が得点になります (メンズフィジークを含むボディメイキング競技は,基本的には点数が低い方が高順位となります).

この結果を見るとわかりますが,1位から3位まではかなりの接戦で,そこから差があって4位以下のグループがあったと言う様な結果になっています.

今回のピッツバーグプロの何が凄いかと言いますと,オリンピアでもトップ6の常連となりつつあるKyron HoldenとRaymont Edmondsが激突し,その中で,Kyron Holdenが優勝したことにあります.

1位:Kyron Holden

優勝したのは,Kyron Holdenでした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyron.K.Holden(@kyron_igm)がシェアした投稿

今回の上位3選手の甲乙は非常につけ難い様に感じましたが,私が今回のジャッジのポイントだったのは,「メンズフィジークとは何か」ということだったのではないかと感じました.

3人とも非常に優れていたのは確かであり,正直言って,コンディショニングに大きな差異があった様な感じはしませんでした

その中で,Kyron Holdenが優勝したのは,この3人の中で一番メンズフィジークの根底のコンセプトに近かったのかなと感じました (その理由については,後ほど説明します.).

2位:Raymont Edmonds

2位は,Raymont Edmondsでした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

FLEX Magazine(@flex_magazine)がシェアした投稿

Raymont Edmondsも非常に素晴らしかった中で2位だったのは,彼がメンズフィジークというカテゴリーでは少々サイズがありすぎるからなのかなと感じてしまいました.

Raymont Edmondsは,今回のトップ3の中でもダントツのサイズ感ではあったのですが,オリンピアのときと比較して,少々ウエストラインが太かった様に感じました (その分,サイズはあったわけですが….).

この「サイズがある」ということですが,ボディビルディング競技では非常に重要視されるのに対して,フィジーク競技,特にメンズフィジークのコンセプトは「ビーチで最もかっこいい男を決める」ということになりますから,サイズが必ずしも高評価に繋がらないというジレンマがあります.

今回,Raymont Edmondsが若干仕上がりが甘かったのもありますが,Kyron Holdenと比較したときに,単純に後者の方がメンズフィジークっぽさというのはあるのかなと感じました.

3位 Erin Banks 

3位は,Erin Banksでした.

私も初めて知った選手になるのですが,非常に素晴らしかったです.特に,背中の凹凸感,肩の大きさは素晴らしかったですね.

そんな彼が3位だった理由の一つとして考えたのが,近年,度々言われている「メンズフィジーク選手の過度な三角筋の発達」なのではないかということです.

一般的に,メンズフィジークのイメージというとVテーパーを超えたTテーパーというものがあり,それを作り出すためにウエストは細く,逆に三角筋のサイドは大きくすることが主流です.ただ,IFBB Professional League バイスプレジデントのTyler Manionによって,過度に発達した腕を含めて,三角筋の過度な発達はジャッジとしてむしろマイナスであることが示唆されています.

実際に,Erin Banksを見てみると,特にフロントポーズをとったときに,他の二選手と比較して三角筋の発達具合が顕著であり,それがむしろジャッジとしてマイナス要素として働いた可能性があります.

終わりに…

それにしても,オリンピアのトップ選手がぶつかるとは,ピッツバーグプロのメンズフィジークはとても興味深い戦いだったと思います.

特にメンズフィジークはトップ選手のレベルが拮抗していますから,優勝したKylon Holdenが今回の結果からオリンピアにてRaymont Edmondsを上回る可能性というのは十分にあると思います.

関連記事