女子フィジークの最強女王,Shanique Grant引退

女子フィジークにて,オリンピア 2019を含め,過去に2度オリンピアを制しているShanique Grantが引退を決断した様です.

今回は,このニュースを皆さんとシェアしたいと思います.

Shanique Grantとは

Shanique Grantは,1995年アメリカ生まれの女子フィジークのプロの選手になります.身長は,162.5 cm,体重は54.4 kg (恐らくオンシーズンです)になります.

この身体を見てください.もはや,完璧と言って差し支えないでしょう.

彼女の戦績は非常に素晴らしく,オリンピア 2018,2019での優勝を含め,なんと,彼女は2016年のニューヨークプロからオリンピア 2020まで4年間もの間,負けなしだった様であり,彼女を”女子フィジークの最強女王”と形容して差し支えないと思います (ちなみに,彼女がプロデビューしたのが2014年になるため,彼女はプロキャリアの大半で負けなしということになります.).

オリンピア 2020が始まる前まで,女子フィジークのカテゴリーにおいて「Shanique Grantを倒せる選手は存在するのか?」という議論が積極的に行われてきた様で,かくある私も,正直言って彼女が負ける姿は想像できませんでした.

しかし,実際は.Sarah Villegasという選手に敗れてしまうのですが,私個人の意見としては,「Shanique Grantの方が良かったのではないかな」という意見であり,それくらい,ステージ上での彼女の一つ一つのポージングは圧倒的でした (三角筋のサイドの出方は,オリンピア 2020の女子フィジークの選手の中ではダントツであり,なにより,腹筋周りが極めて素晴らしく,私は彼女を見た瞬間に彼女の優勝を確信して動画を見るのを辞めたくらいです.そのため,彼女が2位だと知ったときはかなり驚きました.).

Shanique Grant,引退の情報

Shanique Grant,引退するという情報ですが,以下の動画が情報源になります.

この動画は,彼女のyoutubeチャンネルのものになります.

今回,彼女が引退を決めた理由については,詳細は語られていませんが,ボディビルディング以外の自分自身の人生を楽しみたいということであると思います.こう考えられる理由としてが,多くの選手がそうである様に,彼女もオリンピアのステージに立つために,人生の全てをボディメイキングに捧げる必要があることが動画上で言及されており,それに精神的に疲れてしまったのではないでしょうか.

Shanique Grantの引退に,オリンピア 2020の結果は関係しているのか

今回,動画上で引退の発表を行ったShanique Grantについて,オリンピア 2020の結果は関係しているかどうかの議論は多くのところでされており,非常に難しい問題です.

今回,彼女が引退を決断した理由の背景に,彼女のボーフレンドの存在が大きく,彼女が家族を作ること,家族との時間を大切にしたいことがあります.そのため,オリンピア 2020の結果如何に関わらず,オリンピア 2020を以って競技を引退することを念頭に置いていたことは十分に考えられます.

その一方で,オリンピア 2020の結果が彼女の決断に影響を与えたことは否めないのではと考えてしまいます.彼女が述べている通り,人生の全てをかけてオリンピアの準備をしてきて,その努力が報われないのであれば,競技を辞めたくなるのも頷けます.特に,以下の投稿からも分かる通り,オリンピア 2020の彼女の仕上がりは「Shanique Grant史上,最高」と言っても過言でなく,結果にどれほど落胆したかについては,我々の想像を遥かに超えるのではないでしょうか.

(こうして比較すると,サイズアップしている上に,コンディションも良くなっていることが分かると思います.)

終わりに…

今回引退を発表したShanique Grantですが,彼女の生年月日を見れば分かる通り,若干25歳での引退になります.

ボディメイクの競技では,基本的に,比較的年齢が高い選手が活躍する傾向があるため,25歳という年齢ならば,まだまだ競技を続けることができたことが考えられ,今回の引退の発表はやはり非常に残念です.

それにしても,これだけ若いうちから,ここまで完璧な肉体を作り上げていたことには感服せざるを得ず,そのために,血の滲む様な努力を積み上げていたことが想像できます.

とにもかくにも,現役生活お疲れ様でした.

関連記事