ローリーウィンクラー,YAMAMOTOからbpiに移籍へ

大きなニュースが入ってきました.ローリーウィンクラーが,サプリメントのスポンサー企業をYAMAMOTO NUTRITIONからbpi SPORTSへ変更する様です.

今回は,そのニュースを皆さんとシェアしたいと思います!

関連:

「富士」と名のつくプロテイン?YAMAMOTO NUTRITION Iso Fujiレビュー

オールインワンの炭水化物サプリ!YAMAMOTO NUTRITION GlycoBol ULTRAレビュー

効果が市販のサプリと比較して段違い!YAMAMOTO NUTRITION GlycoBolレビュー

情報源はこちら

今回の情報は,ローリーのインスタグラムで知りました.

ローリーと言えば,YAMAMOTOであり,YAMAMOTOと言えば,黒のウェア」というという印象が非常に強いため (たまに,黄色のウェアを着ていますが….),ローリーがbpiの青と白の爽やかなウェアを着ているのには正直違和感しかありません笑

bpi SPORTSとは

bpi SPORTSは, Be Powerful Incorporated SPORTSの略称であり,アメリカのサプリメントメーカーです.日本では,そこまで馴染みはありませんが,過去に4度ミスターオリンピアに輝いたジェイカトラーが過去に契約をしていたサプリメントメーカーとして有名です (余談ですが,現在,ジェイは,Cutler Nutritionという自身のサプリメントメーカーを持っています.).

bpi SPORTSは,現在,ローリーウィンクラーに加え,2019年のミスターオリンピアの212ポンドクラスで優勝したKamal Elgargni,2018年のオリンピアのメンズフィジーク優勝したブランドンヘンドリクソンが所属しています.こうしてみると,気づきませんでしたが,結構豪華なメンツが揃っていますね.

bpi SPORTSの商品は,iHerbでも購入することが可能です.価格は,そこまで高くなく,iHerbでのセールを利用すればかなりお手頃価格で購入することができそうです (iHerbで商品購入の際には,プロモーションコード:KHD415をお使いください).iHerbで購入することができるということは,プロが使っているサプリメントが手軽に手に入るということですね (反面,YAMAMOTOは,専用のサイトからしか購入することができなかったため,ローリーウィンクラーファンには嬉しい情報だと思います.).

今回のニュースから思うこと

今回のニュースから,やはり,プロはお金が非常に重要なのだなと感じました.

随分前の話になりますが,現在,YAMAMOTOと契約している,フレックスルイスもかつては山岸秀匡選手と同じく,ギャスパリニュートリションに所属していました.ギャスパリのCEOである,リッチギャスパリから,Dragon Slayerと呼ばれるほど (当時,現在の様に212ポンドというクラスはなく,そのなかで低身長であるフレックスが高身長の選手を次々と破ったためです.),フレックスとリッチの仲はよかったのですが,フレックスはその後BSNに移籍します (ちなみに,今でも彼らの仲は非常に良いです.).これは,仲とかそういう話ではなく,単純にギャスパリよりもBSNの方がインセンティブが良かったためだと言われています.

ボディビルディングというスポーツは,ミスターオリンピアの賞金をみても分かりますが,サッカー,バスケ,野球等のメジャー競技と比較して非常にサラリーが安く,そのため,実質プロと名乗っていても仕事をしないで生活していけるのは,トッププロのほんの一握りと言われています.そのため,選手がお金にうるさくなってしまうのは必然的なのかなと感じます (そんな状況を鑑みて,The Rockは新しいボディビルディングのコンテストを企画していますし…).

どちらにしても,今日のスポーツサプリメント業界において,YAMAMOTOがここまで有名になったのはローリーのおかげと言っても過言ではありません (実際,日本のジムでもYAMAMOTOのウェアを着ている人を結構見かける様になりましたもんね.).そんな,ローリーがYAMAMOTOを去ってbpiに所属するということは,個人的には非常に大きな衝撃でした.

終わりに…

YAMAMOTOからbpiに移籍したローリーですが,彼の課題がコンディションであるということは変わっていません.兎にも角にも,サプリメントスポンサーを変えたことにより,よりバリバリに仕上げたローリーを見れたらなぁと個人的には思っています.

関連記事