改めて,腕がとんでもなく太いです.ビッグラミー近況アップデート

ビッグラミー 腕 2021

オリンピア 2020を圧倒的なサイズ,コンディションで制したBig Ramy (ビッグラミー)ですが,オリンピア 2021に向けてとんでもない腕のサイズになっています.

今回は,ビッグラミーが近況を更新している情報があったので,皆さんとシェアしたいと思います.

ビッグラミー,オリンピア 2021に向けた腕トレを披露

ビッグラミーのオリンピア 2021に向けた腕トレですが,以下のインスタグラムの投稿によります.

このインスタグラムの投稿ですが,ビッグラミー本人がしたものではなく,海外FitnessサイトFitness Voltのインスタグラムになります.

今回の動画ですが,ビッグラミーは,ワンハンドハンマーカール,ストレートバーのバーベルアームカール,ダンベルオルタネイトカールを実施していることから,腕の中でも上腕二頭筋と上腕筋に絞ったトレーニングです.

何れの種目も,ビッグラミーの腕トレを見たことがある人ならば,そこまで珍しい種目ではないのですが (特に,バーベルカールですが,ビッグラミーはストレートバーで実施することが多いんですよね.私は,彼がEZバーでバーベルカールを実施しているのは見たことがありません.),やはり,今回の近況アップデートで印象的だったのは彼のサイズになります.

ビッグラミー,オリンピア 2021に向けて,やはり,でかい

今回の動画を見て,改めて感じたのがビッグラミーの大きさになります.

ビッグラミーですが,そもそも,トータルで見てかなり大きい選手であるため,その身体を構成している各部位が大きいということは非常に当然の話なのですが,「ビッグラミーで特に大きい部位は?」と聞かれると間違いなく脚と答えます.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mr Olympia Big Ramy(@big_ramy)がシェアした投稿

これは2020年のビッグラミーになるのですが,ある程度サイズを絞ってのこの脚になり,実際,過去にはこの仕上がりよりも大きい脚のときもありました

そのため,ビッグラミーというと腕の印象はそこまで強くないのですが,今回の動画を改めて見ると凄まじい大きさになります.ビッグラミーは,腕橈骨筋がそこまで強くないため,意外と前腕というのはそこまで太くは見えないのですが (筋肉のつき方が短いといった方が正確でしょうか.腕橈骨筋が抜群に強いPhil Heath (フィルヒース)やFlex Lewis (フレックスルイスは極端に長いので.),上腕筋,上腕二頭筋,上腕三頭筋が発達していることから上腕は異次元の太さになっています.

これが意外と盲点で,「腕が強い選手は?」と聞かれたら,間違いなくフィルヒースとRolley Winklaar (ローリーウィンクラー)が挙げられ,ビッグラミーは真っ先には出てこなうことから,そこでま腕の強い印象があるわけではないのですが,ビッグラミーの腕も相当のものです.

ここで,今回の動画に戻りますと,ビッグラミーはそこまで高重量のトレーニングを行っていないということがわかります.

ハンマーカールは,恐らく,25-30 kg程度,バーバルカールは40-50 kg程度,オルタネイトカールも20-25 kg程度であると考えられます.プロボディビルダーと単純に比較することは難しいですが,プロの選手の中でもとんでもない高重量でトレーニングをする選手がいる中で,ビッグラミーのこの重量設定というのはなんとも不思議です.

これは,今回の動画で限ったことではなく,私が見たことがある範囲ではビッグラミーが高重量を扱うのはバーベルスクワットくらいで,その他の種目は基本的にそこまでの高重量でトレーニングをしているのを見たことがない気がします.

それでいて,このサイズの腕になりますから,つくづく,トレーニングは扱う重量ではないのだなということを思い知らされます

終わりに…

オリンピアに出場する様な選手になりますと,上半身が素晴らしいという選手は数多くおり,その中で,腕が強い選手というのもたくさんいるわけなのですが,やはり,ビッグラミーのサイズを見てしまうと,ビッグラミーがどれだけ大きいのかがわかります.

オリンピア 2020はサイズとコンディションを両立した大変素晴らしい仕上がりだったのですが,今回の腕を見る限り,2021年もとんでもないサイズで仕上げてくる可能性が高く,そうなると,ビッグラミーを倒すことはかなり困難を極めそうですね.

関連記事