グリコCCDは安全性,コスパに優れた炭水化物!グリコCCDレビュー

サプリメント

以前の記事で取り上げた様に,身体を大きくしたいならばトレーニングの前・中・後に炭水化物を摂取することは非常に重要です.そこで,以前の記事では,ギャスパリニュートリションのサイズオンを紹介させて頂きました.

しかし,トレーニーの中には,安全性を考慮して海外製品に手を出すのが億劫になっている方もいらっしゃるかと思います.そんな方々に,今回紹介するのはグリコが販売している炭水化物CCDです.

グリコについて

グリコはもはや説明不要かと思います笑.日本の食品メーカーであり,チョコレート,スナック類,ヨーグルト等を販売しているメーカーです.その中で,スポーツサプリメント部門がグリコパワープロダクションといい,CCDもそこのブランドです.

グリコパワープロダクションの特徴として,国内のサプリメントメーカーにも関わらず,お値段がお手頃ということです.また,GOLD’S GYMでは,グリコパワープロダクションの製品はまとめ買いのセールを行っていることが多い印象です.さらに,amazonや楽天のセールでセール対象商品になりやすいなとも感じております.

グリコCCDの成分

一回当たり(45g)の主な成分は以下の通りです (余談ですが,CCDは粒子が結構大きい気がします).

  • カロリー: 170kcal
  • 炭水化物: 42.5g
  • 食塩: 0.60g
  • カリウム: 90mg
  • カルシウム: 6mg
  • ナイアシン: 2.8mg
  • パントテン酸: 1.40mg
  • ビタミンB1: 0.25mg
  • ビタミンB2 0.28mg
  • ビタミンB6: 0.26mg
  • ビタミンB12: 0.6μg
  • 葉酸: 50μg

特徴的なのは,食塩が含まれていることですね.そのため,海外の炭水化物ドリンクと比較すると,いわゆるポカリスエットの様な感じが強いです (すなわち,運動中に失われるナトリウムを補充する様な感じです).

また,微量ですが,ビタミンB群が含まれています.ビタミンB群は,筋合成に直接作用するため,トレーニーには嬉しいビタミンです.

使ってみて

サイズオンは,パンプをしっかり感じつつ,バテないという感じでしたが,CCDの場合はバテないといことに特化していると感じました.これは,おそらく,サイズオンがギャスパリ独自の特許成分を詰め込んでいるのに対して,CCDが主に炭水化物と微量栄養素で作られているためです.これがメリットでもあり,デメリットでもあるのですが,パンプ感がない反面,グレーなものを使っていない分,安心して使うことができるとも言えます.

また,CCDは使っていて,じっとりと汗をかくな個人的には感じました.これは個人差があるとは思いますが,炭水化物ドリンンクが身体に浸透している証拠なのだろうと考えています.

さらに,お腹がチャポチャポにならないと感じました.ポカリスエットなどは大量に飲むと胃で溜まる感覚を覚えるのですが,CCDはその感じはありませんでした.これは,CCDが低浸透圧 (ハイポトニック)で作られており,体内で吸収されやすい様に作られているためです.CCDは,炭水化物の中でもクラスターデキストリンに分類され,クラスターデキストリンの特徴として,浸透圧が低いというものがあり,これが作用していると考えられます.クラスターデキストリンの特徴として,持久効果も得られるといこともわかっており,これがCCDがトレーニング中に有効であると言える点でもあります.(一方で,炭水化物には,マルチデキストリンというものもあり,こちらはインスリンの大量分泌を促ため,トレーニング後に適しています).

どこで買うのがおすすめか

以下が調べた価格になります.

  • 楽天: 1800円 (900g)
  • アマゾン: 1765円 (900g)

値段はあまり変わりませんが,定期便にするとアマゾンのものがさらに安くなるためアマゾンで買うのがおすすめかなと思います.

それにしても,1kg弱で2000円を切る炭水化物は非常にお得ですね.海外のものだと,1kg換算で3000円くらいするものが多いので… (その分,成分で色々と含まれていますが…)

終わりに…

CCDを使えばトレーニング中にバテるということはなくなると思います.ぜひ,炭水化物サプリメントは高いと思っていらっしゃる方や,海外製品が安全上,手が出せない方は試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました