セット中に休憩するのって良いの?レストポーズ法で限界を超える!

今回紹介するトレーニング方法は,レストポーズ法です.この方法はトレーニング中・上級者にお勧めです.

それではレストポーズ法について説明します.

レストポーズ法とは

レストポーズ法とは字の如く,種目中に休憩時間をもうけるトレーニング方法です.

トレーニングの基本は,種目中にターゲットの部位に対して負荷を与え続けることです (余談ですが,ベンチプレスや腹筋運動が効かないと言う多くの人はこの基本が守れていないからです.この件に関しては,後日別記事にしたいと思います).すなわち,レストポーズ法とは,このトレーニングの基本とは真逆の方法を行います

レストポーズ法は一般的に高重量のトレーニングで取り入れられることが多い印象です.例えば,ベンチプレスをマックスの重量で6回行うとします.セオリー通りならば,6回を連続で行う必要があると考えるのですが,レストポーズ法を取り入れると様子が異なります.つまり,レストポーズを取り入れた場合,4回は連続でやって,トップのポジションで若干の休憩を入れたのち,残りの2回を行います最大の利点としては,比較的高重量を高回数実施できると言うことです.高重量のセットにおける回数は比較的少ないことが多いですが,レストポーズを取り入れることで高回数の高重量のセットを組むことも理論上可能です.

ここで,注意なのが,最初の1回目からレストポーズを入れる必要がある場合,その重量は重すぎるため減らしてトレーニングを行なった方が良いと言うことです.

レストポーズの時間ですが,これは正直,個人によるかなと言う印象です.例えば,海外のプロボディビルダーならば,多くの方はコーチとトレーニングしているため,コーチがレストポーズの時間を管理します.コーチは,実際に選手がどのような特性を持っているかを認識しているため,適切なインターバルを指示することができます.個人で行う場合には,インターバルを取りすぎるのではなく,もう1回か2回位できるまで回復させる時間でインターバルを設定するのが良いでしょう (個人的な経験談として,2回くらいできるなと自分で感じても実際には1回,場合によってはできないと言うケースの方が多いです.).

どのような人にお勧めか

レストポーズ法は,初級者にはお勧めすることができません

これは,先ほども述べたようにレストポーズ法がトレーニングの基本に則ってないからです.初心者がレストポーズ法を用いた場合,レストポーズをとった後にフォームを大きく崩す危険があります.また,レストポーズをするほどの重量を正しいフォームで扱っているとは考えにくいです.

したがって,レストポーズ法はフォームがしっかりと習得したトレーニング中級者以降の方にお勧めです.

終わりに…

レストポーズ法は,トレーニングの基本に則ってきた方には最初は非常に抵抗があると思います (私もそうでした).

しかし,慣れて,適切なインターバルを設定することができれば非常に効果的なテクニックです.ぜひ,レストポーズ法を取り入れて,限界を超えてみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました