またもやベンチプレスの世界記録が更新された様です.果たして何kgなのか…!?

以前の記事で紹介した様に,ベンチプレスの世界記録はノーギアで700ポンド以上でした (315 kg以上).

関連:

ベンチプレスの世界記録が更新された様です.果たして何kgなのか…!?

この記事を公開したのが2019年の11月20日であるため,今回の記事を公開するのに約4ヶ月たっているわけですが,またもやベンチプレスの世界記録が更新された様です.

今回はそのニュースを皆さんとシェアしたいと思います.

関連:

パワーリフティングとウェイトリフティングの違いとは

Big3を伸ばすためには

情報源

今回の情報源は以下のインスタグラムの投稿で知りました.

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚨 New ALL TIME WORLD RECORD @ (350kg) 770lbs @_mrs.irregular🚨 lift off @baxtermc —————————————————————- GOLRY BE TO JESUS! The people who tried to bury me didn’t know I was a seed “Be Irregular” ————————————————————— @official_iron_edge_gym @jailhousestrong @tuffwraps➡️Villain Wristwraps / promo Julius87 • @kalamazookeeper next meet / May 30th @mhpstrongusa supplements / irregularstrength @hustlebuttercbdluxe recovery • @revive.your.life • @bandbell • @lockjaw @texaspowerbars @irregular_strengthrob ————————————————————— #phil413strong #powerlifting #sports #irregularathlete # #powerlifting #weights #strong #beirregular #benchpress #motivation #roadto750lbbenchpress #bodybuilding #muscularlyfat #fitlifestyle #motivate #inspire #hardwork #dedication #fitnessmotivation #trusttheprocess #uplift

Julius Maddox(@irregular_strength)がシェアした投稿 –

今回の記録を更新した選手ですが,前回の記録を更新した選手であるJulius Maddoxです.すなわち,自身の世界記録を塗り替えたことになります.

今回の記録が770ポンドですから,1 ポンドが約450 gですから約350 kgとなります (常人からすると考えられない記録です….).従来までの世界記録が744ポンドですから,35ポンド,すなわち約15.8 kg更新したことになります.トレーニングを始めたばかりの初心者の方が4ヶ月で15 kg近くベンチプレス が上がる様になるということは良くあることなのですが,トップ選手のレベルにおいて4ヶ月で15 kg以上更新するとは考えられません

ちなみにですが,今回,744ポンドから770ポンドに世界記録を更新したJulius Maddoxですが,これで世界記録を樹立するのは3度目の様です.最初は739ポンド,次が744ポンド,そして今回更新した770ポンドの様です.最初の更新が5ポンドだけであるのに対して,今回は35ポンドも更新とは正直凄すぎます.

今回の770ポンドの更新にあたり,実は数日前にジムでトレーニングで行っていたベンチプレスでは765ポンドを上げていた様です.ただし,ジムでのトレーニングということで記録としては非公式ということになり,今回の公式な場での更新となった様です.

彼の今後の目標としては,800ポンド,すなわち360 kgでのベンチプレスを上げることを目標とする様です.今回,たった4ヶ月で15 kgもの重量を上げることに成功したわけですから,2020年内にこの目標に関しては達成する可能性が非常に高そうですよね.

終わりに…

私の様な常人には,ベンチプレスで300 kgを超える人はレベルが高すぎて正直理解が追いつきませんが,今回の非公式記録のエピソードでも分かる通り,練習,本番に限らず,毎回においてトレーニングの原則の一つであるオーバーロードの原則 ( = 毎回,扱う重量を更新していくこと)を意識することが重要であるということですね.

関連記事