Julius Maddox,怪我からの順調な回復を披露

ローギアとしてのベンチプレスの世界記録である800ポンドに挑戦したJulius Maddoxですが,ミスローディングという通常では考えられない主催者側のミスによって失敗に終わってしまいました.

その際に,右半身と背中と胸部を負傷してしまったことから,高重量でのベンチプレスのトレーニングを控えていた様ですが,今回,怪我以来となる高重量のベンチプレスに挑戦した様です.

今回は,このニュースを皆さんとシェアしたいと思います!

Julius Maddox,740 lbsベンチプレスで肩慣らし

今回,高重量のベンチプレスを行ったJulius Maddoxですが,その重量は740 lbsになります.740 lbs単独の挑戦はインスタグラムに投稿されています.

今回の練習動画のフルバージョンはyoutubeに掲載されています.

もちろん,740 lbs ( = 約336 kg)の挑戦も非常にすごいのですが,それに至るまでの重量設定,回数設定が非常にすごいです.

動画を見る限りでは,140 kgで10回以上のアップをこなしていますし,もはや我々の常識の範疇を逸していますね.

ただ,今回の740 lbsのベンチプレスの出来については,Julius Maddoxは納得していない様です.

Instability is the biggest issue I’m having at this point.. Benching on a standard pad is making it hard for me to find balance and leverage. I’ve tried to adapt but cant seem to adjust. I’ll find a way no matter what..

「現時点での最大の問題点は不安定さにあります.標準のパッドだとバランスとテコを見つけるのが困難です.適応しようとしましたが,どうやら無理の様です.何があっても方法を見つけます.」

実際に見てみると,2レップ目で怪我をした右半身の不安定さが見れるので,恐らくそれについて述べているのだと考えられますが,それでも,怪我からは順調に回復していそうなので一安心ですね.

終わりに…

本人はまだ本調子ではないといった感覚を持っている様ですが,我々からみるとそれでもやはりすごいですね.

順調に回復すれば,今年中に800ポンドの世界記録を更新しそうですね.

関連記事