IFBBエリートプロの逸材!Michal Krizanekとは

ボディビルの団体は,日本のアマチュア団体も分かりにくいですが,プロになっても非常に分かり難く,プロボディビルダーと一口に言っても「IFBBプロ」と「IFBBエリートプロ」というものがあります.

特に後者については,「まだ歴史が浅いこと」,「有力選手の多数がIFBBプロであること」から,あまり多くの方が注目していませんでした (ただ,日本では,横川尚隆選手がIFBBエリートプロに転向したから,意外と「IFBBエリートプロ」も有名です.).

ただ,実際に「IFBBエリートプロ」をしっかりと見てみると,非常にレベルの高い選手がいるのも事実であり,今回紹介するMichal Krizanekもその一人です.

今回は,Michal Krizanekを皆さんに紹介したいと思います!

Michal Krizanekを知ったきっかけ

Michal Krizanekを知ったきっかけですが,以下の動画になります.

今回の動画で紹介されているMichal Krizanekは,後述する様にアーノルドクラシックで優勝経歴があるなど,非常に優れた選手になりますが,ミスターオリンピアに出場することができません.

それはなぜでしょうか.

それは,彼がIFBBプロリーグの選手ではなく,IFBBエリートプロリーグの選手であるためです.

Michal Krizanekとは

Michal Krizanekは,1986年生まれのスロバキア出身のボディビルダーです.身長は182 cmで体重は,118 -130 kgであり,個人的には.「IFBBエリートプロにしては,IFBBプロの様な体型をしているな」というのが第一印象になります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

#bodybuildingmotivation#bodybuilder#bodybuilding#fitstyle#fitness#muscleandhealth#ifbbelitepro#muscles#muscle#ifbb#gym#gainz#veinz#doublebiceps#posing#flexing#

Michal Križo Križánek(@ifbb_elitepro_michal_krizo)がシェアした投稿 –

 

この写真を見れば分かる通り,非常に身体が大きいですよね.ただ,上半身が大きくてもウエスト周りが細く,まさにV字の体型を体現している存在であると言えます.また,腕まわりが非常に素晴らしく,特に上腕二頭筋まわりの太さは58 cmを超える様です.これら2つの特徴に埋もれがちですが,下半身ももちろん素晴らしく,大腿四頭筋はとんでもないことになっています.

彼は,2018年と2019年のアーノルドクラシック in ヨーロッパで優勝しており,IFBBプロリーグが2017以前の状態だったならば,ミスターオリンピアに出場することができたはずでした.しかし,2017年に,IFBBプロとIFBBエリートプロが分裂したことがきっかけで,彼は,「IFBBエリートプロ」ということでミスターオリンピアに出場することはできませんでした.

Michal Krizanekについて考えること

Michal Krizanekについて,やはり,非常に優れた選手であるのにも関わらず,ミスターオリンピアに出場することができないのは非常に残念です.

彼は,前述した通り,非常に優れた身体を有しており,ミスターオリンピアに出場しても,IFBBトッププロと非常にレベルの高い戦いを見せてくれると思います.ただ,それも,プロリーグが異なるという理由で出場できないのは,やはり非常に残念ですね….

現状では,IFBBエリートプロの選手がミスターオリンピアに出場するためには,IFBBプロになるしか方法はないのですが,Michal Krizanekがわざわざ主流ではないIFBBエリートプロであるということはそれなりの理由がありそうですから,これも現実的ではないですよね.

となると,やはり,Michal Krizanekをミスターオリンピアのステージの上で見ることは難しそうです.

終わりに…

私は,IFBBエリートプロに関しては,そこまで詳しいわけではありませんが,やはり多くの人が考えている様に,「プロリーグのレベルとしてはIFBBプロの方が高いのか」と考えていたのですが,Michal Krizanekをみると,そんな考えは吹き飛びますね.

それにしても,「Michal KrizanekがIFBBプロとIFBBエリートプロが分裂する1年前に優勝し,オリンピアに出場していたら」ということは,タラレバの話になりますが,実現して欲しかったですね

関連記事