Nathan DeAsha,オリンピア 2020を欠場へ

Nathan DeAsha オリンピア 2020 欠場

かねてからオリンピア 2020の欠場が噂されていたNathan DeAshaが正式にオリンピア 2020の欠場を表明しました.

今回はこのニュースを皆さんとシェアしたいと思います.

Nathan DeAshaは,1988年生まれのイギリス人のプロボディビルダーで,身長は約178 cm,体重は111.1-115.7 kgです.

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE PROPHECY(@nathandeasha)がシェアした投稿

彼は,オリンピア 2017では7位,オリンピア 2018では8位とトップ6まであっと一歩という選手であり,実際に,オリンピア以外のコンテストではニューヨークプロ 2018やBritish Grand Prix 2019で優勝するなど確かな実力を持っています.

彼の特徴としては,やはり良くも悪くも上半身にあると思います.彼は,サイズが非常に素晴らしいという利点を持ちながらも,ミッドセクション周りのコンディションは結構いまいちなことが多く,それを改善すればトップ6に入賞しても全く不思議ではない選手です.

Nathan DeAsha,オリンピア 2020欠場の情報

Nathan DeAshaがオリンピア 2020を欠場するという情報ですが,以下の彼のインスタグラムの投稿によります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE PROPHECY(@nathandeasha)がシェアした投稿

今回,非常に長くコメントを残しておりますが,このコメントでは主に彼が今回欠場する理由について述べられています.

Due to my country being on another national lockdown means the USA embassy is also closed. Am not issuing visas until jan 2021

Massive thanks to my coach @ahmd_askr and the boss man himself @bader_boodai doing everything in their power to get me to Vegas well now Florida even @managermatt1 been on the phone doing all he can do. We’ve come to realise that some things are just out of are control. This year has been a total shit storm from missing the Arnold to this all due to COVID.

イギリス全土でのロックダウンにより,米国大使館も閉鎖されています.それに伴って,2021年の1月までビザの発給は停止しています.

私のコーチであるAhmad Ashkananiと彼のコーチであるBader Boodai,@manegementmatt (Nathan DeAshaのマネージメントコーチ)には,私をベガス (フロリダ)に連れて行くために手を尽くして頂いたことに感謝します.私たち,制御不能なものがあることに気づきました.今年は,新型コロナウイルスののせいでアーノルドクラシックの出場を逃したことからこれまでのすべてのたわごとの嵐でした。

Bader Boodaiの名前があることから分かる通り,Nathan DeAshaもトレーニングの拠点はクウェートのOxygen Gymになります.

今回の投稿から,オリンピア 2020欠場は,新型コロナウイルスの感染拡大によるものと判断することができます.

実は,彼は,オリンピア 2019も出場を決めていたのにも関わらず,ステロイドの不法配布による量刑により出場を断念しており,これで2年連続での欠場となります.2020年の出場断念はしょうがないとしても,あまりスポンサーにとってはよろしくはないと思われます.

2021/02/10追記:

Nathan De Ashaですが,COVID-19に伴うイギリス国内での法律に背き,ジムをオープンにしていたことで,再び警察につかまってしまいました.

終わりに…

オリンピアの主催者側は,オリンピア出場者がアメリカに入国できる様に手を尽くすという旨の話がありましたが,今回の事例の様に国全体でロックダウンの政策が取られてしまうと,それも非常に難しそうです.

過去の記事で,最悪,アメリカ国外の選手はオリンピア 2020に出場できないことに言及しましたが,それも現実的にありえそうですね….

関連記事