ローリー,またもや敗れる.YAMAMOTO PRO 2021結果

ローリーウィンクラー Yamamoto Pro 2021

YAMAMOTO Nutritionが主催するコンテストであるYAMAMOTO PRO CUP 2021が行われ,Nathan De Ashaが優勝しました.

今回は,この情報を皆さんとシェアしたいと思います!

YAMAMOTO PRO 2021の結果

YAMAMOTO PRO 2021のオープンクラスボディビルディングの結果ですが,以下の通りです.

1位:Nathan De Asha

2位:Roelly Winklaar

3位:Samson Dauda

4位:Andrea Presti

5位: Theo Leguerrier

それでは詳細な結果を見ていきましょう.

1位:Nathan De Asha

1位は,Nathan De Ashaでした.

Nathan De Ashaですが,コンディションもそうですが,全体的なバランスは最も良かったですね.彼は,遺伝的にバキュームができる様な感じではないのですが,ウエスト周りは非常にタイトに仕上げていることに加えて,大円筋が非常に発達していることから,余計にウエストの細さが目立ち評価が高かったと思います.

大腿四頭筋の仕上がりも非常に良く,これだけ素晴らしい仕上がりを見るとオリンピア 2021で彼を見たかったというのが本音ですね.

2位:Roelly Winklaar

2位は,Roelly Winklaar (ローリーウィンクラー)でした.

ローリーウィンクラーですが,オリンピア 2021から大きくコンディションにそこまで大きな変化はなかった様に感じず,あまりよくありませんでした

まず,2021年シーズンにおいて,彼の最大の問題となっている彼の大腿四頭筋ですが,ディティールがイマイチです.彼は,そこまで大腿四頭筋のセパレーションがはっきり出る選手ではないのですが,それでも,以前はここまで脚が悪かったということはなかったと思います.

身体全体のコンディションですが,非常に水っぽく (ポージングをしているときにものすごく汗をかいているのが非常に気になりました.),腹筋のセパレーションははっきりせず,むしろバブルガット気味になっているのが気になりました.

ローリーウィンクラーとしては,今回のコンテストでオリンピア 2022の出場権を獲得できていれば,今後が非常に楽になったわけですが,やはり,その様に簡単には行きませんね.2021年シーズンは,十分な準備ができなかったということですから,仕切り直しの2022年のシーズンでどのレベルまで仕上げて来れるかで,2021年シーズンの彼の問題が年齢的な問題だったのかがはっきりします

3位:Samson Dauda

3位は,Samson Daudaでした.

Samson Daudaですが,正直言って,かなり良かったと思います.1位だったNathan De Ashaに匹敵するコンディションの良さ,ウエストの細さは非常に素晴らしく,ポージングによっては2位のローリーウィンクーラーと互角がそれ以上だったと思います.

それでも彼が上位2選手と差がついてしまったのは,彼の背中にあります.特に脊柱起立筋が弱く,バックのダブルバイセップスを行ったときやバックラットスプレッドのポージングを行ったときに,Nathan De Ashaとローリーウィンクーラーと比較して顕著に弱さが目立ってしまいました.また,背中のポージングを見ていて,立体感が弱く,ここを改善できると,ウエスト周りは非常にタイトに仕上げることができている選手になりますから,非常に手強い選手になる可能性があるとかんじました .

終わりに…

以前までを考えると,ローリーウィンクラーとNathan De Ashaの格付けというのは,確実にローリーウィンクラーの方が上でしたが,2021年はそれが一気に逆転した様な印象を受けます.

ただ,2021年シーズンのローリーウィンクラーが本調子ではなかったことを考えると,2022年もこの格付けが維持されるのかどうかというのは非常に気になるところですね.

関連記事