アワディブ,Abdullah Al Otaibiと契約へ

アワディブ アブドーラ 契約

Indy PRO (インディプロ) 2021にてプロデビューを飾った,Blessing Awodibu (アワディブ)ですが,大方の期待とは裏腹に,インディプロ 2021では3位,続くNY PRO 2021では6位に終わりました.

それらのコンテストにて課題が明確になったわけですが,どうやら,その課題の克服に向けて新たなコーチとして,Abdullah Al Otaibi (アブドーラ)を招聘する様です.

今回は,この情報を皆さんとシェアしたいと思います.

アワディブ,アブドーラと契約へ

アワディブがアブドーラと契約するという情報ですが,以下のインスタグラムの投稿によります.

今回,アワディブが契約をしたAbdullah Al Otaibiについて,名前のスペルだけ見ると,いまいち誰のことを示しているのか分からないかもしれませんが,”アブドーラ”と表現すると分かる方が多いかと思います.

彼は,Oxygen Gymを拠点に活動を続けています.皆さんも知っての通り,Oxygen Gymでは,Big Ramy (ビッグラミー),Rolley Winklaar (ローリーウィンクラー),Nathan De Asha,Brandon Curry (ブランドンカリー)など,錚々たる面々がトレーニングをしており,この最高の環境における最高レベルのボディビルディングチームを通称,Camel Crewと呼んでおり,アブドーラはCamel Crewのコーチの一人です.

Camel Crewに在籍している (していた)面々を見る限り,どの選手もとんでもないサイズを備えていることが分かり,今回の人選は,アワディブの課題を念頭に置いたものであると考えられます.

その中で,アブドーラをコーチとして選択した理由としては,やはり,オリンピア 2019を制したブランドンカリーのコーチであるということが大きいのではないでしょうか (同じく,Camel Crewの一員であるローリーウィンクラーのコーチにAhmad Askarがおりますが,彼ではなくアブドーラを選択したのにはやはり,オリンピアを獲得したことがある選手を指導したことがあるという経歴を重視したのではないかと考えます. ).

アワディブとアブドーラの契約について考えること

アワディブとアブドーラの契約について考えることですが,アワディブの課題の克服には最適な人選である反面,コーチの入れ替えの多さが気になります

アワディブですが,アブドーラと契約をする前には,”曰く付きのトレーナー”であるChad Nichollsと契約をしていました.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chad Nicholls(@thedietdoc)がシェアした投稿

彼は,過去にはローニーコールマンのコーチをするなど,非常に優れたコーチである反面,選手に対して過剰な薬物摂取を推奨することで有名であり,これにより,”曰く付きのトレーナー”という表現をしています.

Chad Nichollsがコーチングをしていた選手を考えると,サイズアップというよりはコンテストでのコンディションが良くなるという印象が強いため,アワディブの課題である”サイズアップ”ということを念頭に置いた場合,前述した様にアブドーラの方が適任だと思われます.

その一方で,私が知る範囲内では,アワディブは,これで3人目のコーチとなります (それ以上の可能性もあります.).コーチを最も頻繁に変えるビッグラミーがその例になりますが,短期間でのコーチの交代というのはコーチが選手の肉体を十分に知ることができませんから,結果として,選手の実力を最大限に引き出すことができずに契約が終わってしまいます

過去にビッグラミーのコーチをしたことがあるDennis James (デニスジェイムス)この問題に対して,ビッグラミーが中々,狙ったコンディションを引き出せなかったのには,コーチを頻繁に変えることも理由の一つとしてあると述べていたことから,この短期間でのコーチの入れ替えの多さというのには少々,気になるところがあります.

終わりに…

アワディブですが,ストラクチャーが素晴らしいだけに,そのサイズ不足は非常に気になりました.

ただ,サイズアップをすることができれば,間違いなく強力な選手になるため,彼の進化には乞うご期待ですね.

関連記事