筋トレ 初心者の方がジムでトレーニングする時におすすめできないこと4選

私は,普段はゴールドジムに通っています.ゴールドジムは,ゴリゴリ系のトレーニーが多いという印象を持たれがちですが,実は,初心者の方も多くいらっしゃいます.

関連:

ゴールドジム通いの私が考えるゴールドジムに通う6つの理由

ゴールドジムでトレーニングをしていて,初心者の方もでも色々な方がいると感じています.低重量でフォームをしっかり習得しようとしている方もいれば,高重量でフォームをないがしろにしがちな方など千差万別です.

今回は,そんな初心者の方を見て,気をつけた方が良いと感じたことを今回は列挙します.

1. フォームをないがしろにする

初心者なのに,高重量を扱ってチーティングをしている人を非常に多く見かけますが,私はあまり推奨しません.チーティングで効かせるためには,相当な技量とトレーニング経験が必要となります.そのため,初心者の方々 (場合によっては中級者の方も)はチーティングで効かせることはまず無理と考えます.

関連:

チーティングは悪なのか?正しいチーティングの取り入れ方

まずは,チーティングをせずに12回-15回程度できる重量でフォームをしっかりと固めましょう.それからでもチーティングは遅くありません (私ごとで恐縮ですが,私もチーティングで効かせることのできる種目,効かせることのできない種目がはっきりしています.例えば,アームカールはかなりチーティングしてもしっかり効かせることができますが,逆にプリーチャーカールはチーティングしてしまうとだめですね).

2. なぜか道具が揃っている

恐らく初心者の方なのに,トレーニング道具を端から端まで (トレーニングベルトやパワーグリップなど)揃えている方を見かけますが,正直,初心者のうちはトレーニングの道具に頼ることはオススメしません道具に頼るということは,必然的に,身体で使わない部分が出てくるということになります.

例えば,トレーニングベルトですが,ベルトを巻くことで身体は安定しますが,その分,腹圧を自分でかけなくなり,いつまでたっても「ベルトなしでは怪我するためトレーニングができない」という状況に陥りかねません.

関連:

これは使い難い…ゴールドジム パワーベルト レビュー

初心者のうちは,身体全体の筋肉量が不十分であるため,出来るだけ道具を使わないでトレーニングすることで,身体全体の筋肉量を向上させることを目指した方が良いと思います (ただ,この件については,中級者以降の方も関係のない話ではないと思います.やはり,トレーニングの理想は,トレーニング道具なしで高重量を扱うことができることだと思います).

3. プレワークアウトサプリを摂取している

初心者なのにプレワークアウトサプリを摂取している人を見かけますが,そこにお金をかけるならもっと別のところにお金を割くべきです.大抵,その様な人は「トレーニング前のプレワークアウトサプリは摂取するけれども,トレーニング後はプロテインだけ」という様な栄養の摂取の仕方をしますが,それならば,プレワークアウトサプリではなく,例えば,炭水化物のサプリを買うべきです.

関連:

【サプリメント解説】筋肥大に最も有効なのは炭水化物!効果的な飲み方を紹介

そもそも,初心者ならば,プレワークアウトサプリに依存しなくても効かせることができるはずですし (トレーニングがマンネリ化しておらず,新しい刺激がいつも入るからです.),プレワークアウトサプリを摂取してもパンプ感というものを十分に感じることができないはず (特にバスキュラリティなどは長年トレーニングをしていないと出すのが難しいです.)です.

また,サプリメントの中で一番,汚染度 ( = 禁止薬物の含有の有無です.)が高いのはプレワークアウトサプリであり,知識がないのに摂取するのは大変危険です.特にコンテスト出場を念頭に置いてトレーニングをしているのに,それを知らないで摂取していたというケースは非常に多く見かけるため注意が必要です.

4. 見たことのないトレーニングをしている

あまり見たことのない (ヘテロドックスな)トレーニングをしている人を見かけますが,初心者の方ならばやめた方が良いです (例としては,「プレス系の種目でリバースグリップ」を取り入れたり,「サイドレイズのトップでの位置設定」が上すぎるなどです.).

その様なトレーニングは,かなり特定の部位に絞った”ミクロな”トレーニング手法であり,初心者の方はもっと”マクロに”鍛えられる様にトレーニングを行うべきです.そのため,初心者こそ基本の種目を実施する様にした方が良いと思います.

終わりに…

初心者のうちは,本当にシンプルな栄養,トレーニングが一番効果があると思います.レベルが上がってきたら,それに合わせてトレーニング方法やサプリメントに変化を加えていけば良いと思っています.

そのため,筋トレ初心者の方はまずはオーソドックスなトレーニングをジムで行いましょう.

関連記事