アワディブ,アーノルドクラシック 2020でプロデビューへ

みなさんは,Blessing Awodibu (アワディブ)という選手をご存知でしょうか.

インスタグラムなどのソーシャルメディアで出てくることが多く,ボディビルの選手というよりはむしろyoutuberなど,そっち方面の人と思っている人が多い選手です.

今回は,そんなアワディブがプロデビュー戦をアーノルドクラシック 2020 in オーストラリアに決めたという情報を入手したため,そのニュースを皆さんとシェアしたいと思います!

Blessing Awodibu (アワディブ)とは

アワディブは,1991年生まれのアイルランドのプロボディビルダーです.身長は177.5 cmとボディビルダーとしては高く,体重は111.1 kg-106.6 kgです.体重から分かりますが,オープンクラスのボディビルの選手となります.

 

アマチュア時代に,2回のアーノルドクラシックのタイトルを手にし,4回のIFBBの大会にてオーバーオールのチャンピオンに輝いています.そして,2017年に行われたIFBB ダイアモンドカップ (チェコ共和国)のオーバーオールのチャンピオンとなりプロに転向します.

個人的に疑問に思ったのですが,アーノルドアマチュアってプロクオリファイだった様な気がするので,2回も優勝しているのにそこでプロに転向しなかったのはなんでなんでしょう…?

彼は,非常にコミカルなコンテンツをインスタグラムで投稿することで有名です.

 

この投稿をInstagramで見る

 

When you found out you got verified on Instagram #lol #verified @aaronsingerman @redcon1 @sarah4kidd @sushi.films

blessing #theboogieman awodibu(@blessing_awodibu)がシェアした投稿 –

 

この投稿から分かる通り,Redcon1とスポンサー契約をしています.

この投稿の様な,通称,”神の粉” ( = プロテインパウダー)だらけになっている投稿を良くますね笑.

ただ,コミカルなだけではなく,その実力は本物でした.

アワディブの仕上がり状態

今回,アーノルドクラシック 2020 in オーストラリアに出場するということで身体を仕上げている様ですが,仕上がり状態はかなり良いのではないでしょうか.

 

非常に素晴らしいと思ったのが,このウエストの細さです.トッププロになると,やはりバルクをつけるためにウエストの細さがどうしても犠牲になってしますのですが,アワディブは違いますね.

また,ウエストが細いこともあって,特に大腿の太さが非常に際立っています.若干,カーフが細いのが気になりますが,別の投稿では3次元的な背中も披露していたため,非常に仕上がりは良いと思います.

終わりに…

アワディブについて,ただのコミカルな人という印象しかありませんでしたが,これだけのポテンシャルを秘めていたとは正直流石としか言いようがありません.

これだけの仕上がりならば,プロデビュー戦であるアーノルドクラシックでも良い成績が期待できそうですね.

2020/06/20追記:

アーノルドクラシック 2020 in オーストラリアですが新型コロナウイルスの影響で開催中止となりました.アワディブをコンテストで見れないのは非常に残念ですね.

関連記事