右足切断のFlex Wheeler,歩行再開へ

フレックスウィーラー 歩行再開

右足の血栓除去のための緊急手術により,右足を失ったFlex Wheeler (フレックスウィーラー)ですが,順調に回復を続けており,以前の記事ではリハビリを開始したことをお伝えしました.

そんなフレックスウィーラーですが,遂に歩行を再開した様です.今回は,フレックスウィーラーが歩行を再開したというニュースを皆さんとシェアしたいと思います!

おさらい:なぜFlex Wheelerが右足を切断したか

フレックスウィーラーが右足を切断した理由に関して,おさらいしたいと思います (公式にフレックスウィーラーが明らかにしているわけではありませんが,一通り調べると恐らく以下の通りになるとおもいます.).

冒頭で述べました通り,右足の血栓を取り除くために右足を切断しました.この血栓ですが,以前,フレックスウィーラーが腎臓の移植手術を約15年前に行った際の静脈移植片が劣化して起きていた様です.この血栓が再び問題になり,彼の右足を救うためにいくつかの手術を行った後に,今度はその血栓により彼の命が脅かされるという問題になったため,右足を切断するという決断に至った様です.

この腎臓の手術になったは,選手の個人の問題もありますが,当時彼のコーチだったChad Nichollsの責任であると述べる人も多く,この様な問題からChad Nichollsはトップグルであるものの,やはり曰く付きのトレーナーであると思います.

Flex Wheeler,歩行再開へ

Flex Wheeler,歩行再開の情報ですが,Flex Wheeler自身の以下のインスタグラムの投稿によります.

 

切断した右足は義足にしていますね.

今回のインスタグラムの投稿に,以下の様な文言が添えられています.

Time to get back in shape. I have set a goal to be in the best shape possible by my 55th birthday August 23“.

( = 身体を元に戻すときが来た.私は,可能な限りベストな体形になるというゴールを55歳の誕生日である8/23に定めた.)

すなわち,これが意味することは,フレックスウィーラーがジムでのトレーニングを再開するということであり,自身の誕生日である8/23を照準に定めたということになります

.今回の投稿を見ますと,一段とほっそりとしてしまったフレックスウィーラーですが,トレーニングを再開して,全盛期までとは言いませんが,また隆々としたフレックスウィーラーをみたいものですね (過去にケヴィンレブローニーが”マッスルメモリー”を駆使して,数ヶ月で劇的な変化を見せたこともあるから,同じくトップ選手だったフレックスウィーラーも誕生日までに劇的な変化を見せることは十分に可能であると思います.).

終わりに..

今回,誕生日までに身体を作り直すということで,この延長線上でコンテスト復帰もするという可能性も十分にあると思います.

とにかく,しっかりと筋肉をつけたフレックスウィーラーを再び見たいですね.

2020/08/29追記:

今回歩行を再開したフレックスウィーラーですが,幻肢痛により再び入院する様に決まった様です.とにもかくにも,早く完全回復して欲しいですね.

関連記事