オリンピア 2020,開催地を変更.ラスベガスからフロリダへ

オリンピア 2020 フロリダ

オリンピア 2020は今年からラスベガスのOrleans HotelからPlanet Hollywood Resort & Casinoへと開催場所をマイナーチェンジしておりましたが,昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を受け,開催地をフロリダに移す様です.

今回は,このニュースを皆さんとシェアしたいと思います.

オリンピア 2020,開催地変更の情報

オリンピア 2020,開催地変更の情報ですが,以下のインスタグラムの投稿によります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mr. Olympia LLC(@mrolympiallc)がシェアした投稿

今回の情報で明らかになったことは,以下の点になります.

  • オリンピア 2020の開催は予定通り,2020/12/17-20
  • 開催場所は,Central Florida at the Orange County Convention Center

インターネット上では,まことしやかに,オリンピアが中止になるという噂をしている方のいる様ですが,とりあえず,今回の決定を見る限りでは開催する様です.

一方で,航空券のキャンセルなどの補助に関してはありません.今回の動画では,「フロリダへのフライトには余裕がある」とまで述べているため,このあたりの対応に関しては批判を浴びそうですね.

なぜ,開催場所が変更になったのか

今回,開催場所がラスベガスからフロリダ州のオーランドに変更になったのは,新型コロナウイルスの拡大に伴い,ラスベガスがロックダウンに踏み切る可能性が高いと主催者が判断したからだと考えられます.

これは,今回の動画にもありますが,ラスベガス州政府が14週間の外出禁止令を検討中であり,これに伴い,ロックダウンをする可能性もあるのでしょう.ここでロックダウンをした場合,かなり高い確率でオリンピアを開催することは困難になり,それについてはどうしても主催者側としては避けたかったのでしょう.

フロリダ州 オーランドが選定された理由としては,Betty 鈴木さんが非常に興味深い考察をしているため,ここでシェアさせていただきます.

今、イベントは、コロナ感染者の少ない州でなくルールが甘い州で行われている。

フロリダ州は、かのWWE(プロレンス団体)がエッセンシャルビジネス(必要不可欠業務)と認められたという奇特な州

ま、WWEの本部がフロリダにあって、かなりの州税を支払ってるからには違いないのだが。

これを読んで「なるほど」と感じました.

WWEがエッセンシャルビジネスとして認められている州を選定するとは,オリンピアの主催者側も相当に知恵を絞った様に思えます.

ただ,この辺りの対応が徹底していないことが,アメリカで急激に新型コロナウイルスの感染者が増えている原因なのかなと感じました.

開催場所の変更について考えること

今回のフロリダへの開催地変更に関して,主催者側はファンのため,準備をしてきた選手のためと述べているため,妥当な判断なのではないでしょうか.

ただ,オリンピアが直前に迫ってくる中での発表に問題があるのではと感じてしまいます.実際,今回の発表がちょうどオリンピア開催まで1ヶ月を切った段階なのですが,この段階では多くの選手がホテルの予約をし,フライトの準備をしているはずです.これは,観戦者も同じであり,アメリカ国内での新型コロナウイルスの感染者数の増大に歯止めがかかっていない状況で,開催地をレギュレーションが緩いフロリダに変更しておくべきだったのではと考えてしまいます (ただ,1ヶ月前を切っての発表であるため,恐らく相当前に開催地の変更に関しては議論をし,決定していたのだと思いますね.).

フロリダのオーランド自体は,ディズニーワールド,ユニバーサルスタジオなどのテーマパークが数多くあり,ラスベガスと同様にホテルも十分にありそうなので,オリンピア 2020を開催するには問題ない場所だと思われますが,正直,直前での変更は選手,スポンサー,選手のいずれにも厳しいですよね.

終わりに…

正直,1ヶ月前にここまで思い切った判断をできるのが,良い意味でも悪い意味でもアメリカらしいと感じました (ここまで規模の大きく,しかも,色々な利権が絡んでいる大会の開催地を急に変更するという判断は日本では無理でしょう.).

現状では,オリンピア 2020はとりあえずは開催予定である様なので,とりあえずは一安心です (ただ,アメリカの新型コロナウイルスの情勢は相当に芳しくないという話も聞くため,本当に開催されるかは本番がくるまで疑心暗鬼ですね….).

関連記事