なんと2位に…オリンピア 2020 クラシックフィジーク結果

オリンピア 2020 クラシックフィジーク 結果

オリンピア 2020のクラシックフィジークが終了しました.ここ数年で,優勝争いが最も均衡しているカテゴリーがクラシックフィジークであります.

今回は,オリンピア 2020のクラシックフィジークの結果を皆さんとシェアしたいと思います!

オリンピア 2020 クラシックフィジーク結果

オリンピア2020のクラシックフィジークの結果ですが,以下の通りです.

1位:Chris Bumstead

2位:Terrence Ruffin

3位:Breon Ansley

4位:Alex Cambronero

5位:Bryan Jones

1位:Chris Bumstead

1位はChris Bumstead (クリスバムステッド)でした.2019年から2連覇です.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chris Bumstead(@cbum)がシェアした投稿

オリンピア 2019での優勝で各方面 (特に,Breon Ansley)から,様々な避難を浴びていたクリスバムステッドですが,個人的に今回は圧倒的だと感じました.

なんといっても,コンディションが抜群に素晴らしく,その皮膚感についてはまさに文句の付けようがありませんでした (私個人の意見としては,特にプレジャッッジのときが素晴らしかったと思います.).

各ポージングも非常に素晴らしく,彼こそまさに,クラシックフィジークを体現していると強く感じました.

2位:Terrence Ruffin

2位は,Terrence Ruffinでした.彼が2位なのではサプライズでしたね.

Terrence Ruffinは,ストラクチャーが非常に優れた選手であり,彼もChris Bumsteadと同様にクラシックフィジークというカテゴリーで非常に有利な選手だと思います.

各部位の完成度は,Breon Ansleyに劣るのですが,そのストラクチャーが素晴らしく,そこが評価されての2位なのではないでしょうか (個人的には,Breon Ansleyの方が良かったと感じるのですが,そこはクラシックフィジークというカテゴリーでのジャッジなのでしょう.).

3位:Breon Ansley

3位はBreon Ansleyでした.2位のTerrence Ruffinと同様にサプライズでした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Breon Ansley(@breonma_)がシェアした投稿

3位になったからといって,Breon Ansleyは決して悪くなかったと思います (むしろ凄かった).彼の課題とされてきたバキュームポーズも回数は少なかったのですが,しっかりと披露しており,彼が2019年から2020年までに積み上げてきたものがしっかりと披露されていたと思います.

彼が,3位になったのは,Terrence Ruffinのところにも書いた様に,「クラシックフィジークのジャッッジの根幹」が理由であり,2年連続でBreon Ansleyがこのカテゴリーで評価されなかったとなると,もしかしたら,彼は,212ポンドクラスなどのボディビルディングのクラスに移行することも可能性としてはあるのではないでしょうか.

4位:Alex Cambronero

4位はAlex Cambroneroでした.2019年の6位から2ランクアップしました.

Alex Cambroneroは,非常に安定した仕上がりを見せましたね.ただ,3位までの選手とは大きな差がある様に感じます.

個人的に,彼のポージングを見ていて非常に気になったのですが,なぜか首が傾いているんですよね.この首を傾けているのを何らかの意図があってやっているのかもしれませんが,第三者の私目線だと,この首の傾け方がなんか自信なさげに見えて,正直どうなんだとうと思ってしまいました.

5位:Bryan Jones

5位はBryan Jonesです.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bryan Jones(@lord__jones)がシェアした投稿

この選手は全くのノーマークだったのですが,シカゴプロ 2020で優勝している選手であり,ド派手なドレッドがトレードマークになります.

彼はスラリと身長が高く,プロポーションが非常に素晴らしかったです.高身長であることから,サイズも結構あり,2021年も非常に期待できる選手だと感じました.

終わりに…

Breon Ansleyが3位になったのでは非常に驚くべき結果だったのですが,メンズフィジークを含め,これがフィジーク競技の難しさだろうと強く感じました.

それにしても,今年のクリスバムステッドは本当に素晴らしかったですね.2019年は直前期にハムストリングスを切るというアクシデントなどもあり不完全燃焼の印象がありましたが,2020年は完全なパッケージのクリスバムステッドでしたね.

関連記事