【鈴木雅選手解説】上腕二頭筋のピークを作るバイセップスカール解説

上腕二頭筋のピークを作るのはやはり難しいです.

「マシンはピークを作るのに有効」ということを知っている方は多いですが,実際はどうすれば効果的なのかわからない方は多いと思います.

今回は,そんな方のために,前全日本ボディビルチャンピオンの鈴木雅選手が解説するバイセップスカールマシンの解説動画を見つけたため,皆さんとシェアしたいと思います!

鈴木雅選手のバイセップスカールマシンの解説動画

鈴木雅選手のバイセップスカールマシンの解説動画ですが以下になります.

動画のサムネイルにある通り,前半は,マシンとフリーウェイトの違いについて説明しています.マシンとフリーウェイトの違いについて,鈴木雅選手が言及しているのは以下の点です.

  • フリーウェイトは拮抗筋を使うと効かせやすい
  • フリーウェイトは有効範囲が狭い

まず,拮抗筋とは,基本的に対象部位に対して裏側についている筋肉のことになりますが,拮抗筋を意識することでより効率的に効かせることができると述べています.

一方,フリーウェイトは,重力と重りの関係性から,例えばカール系の種目の場合の最後の軌道が弧を描く部分ではほとんど刺激が乗っていないことを述べており,すなわちフリーウェイトは有効範囲が狭いことを言及しています.

そのため,特に,上腕二頭筋のトレーニングでは,収縮部分で刺激が抜けやすいという問題があり,これにより,フリーウェイトではピークを作りにくいという弊害があります.

その問題を解決するのがノーチラスのバイセップスカールのマシンです.今回の動画で述べられているポイントは以下になります.

  • 骨盤を立てて座る
  • グリップはサムレスアラウンド
  • 上腕三頭筋の筋腹を支点に動作

ポイント1:骨盤を立てて座る

まず,骨盤を立てて座ります.

鈴木雅 バイセップスカール 骨盤

この理由としては,鈴木雅選手が解説している通り,重りを引いてくる際に腹圧を使うためです.重りを引く際に腹圧がかかっていないと,肘周りに負荷が乗ってしまい,怪我をするリスクが高まります.

座った時には,骨盤を反る ( = 肩甲骨を寄せる)のではなく自然に骨盤を立てるようにしましょう.また,足幅も開くのではなく,拳一個分くらい入る場所に設定し,内転筋に力を入れるようにしましょう.

ポイント2:グリップはサムレスアラウンド

次に,グリップですが,グリップはサムレスアラウンドでしっかりと手のひらで握ります

鈴木雅 バイセップスカール グリップ

まずは悪い例です.以下の例では,グリップを指先で握ってしまっています.

鈴木雅 バイセップスカール グリップ 間違い

上の写真を見るとわかりますが,手が返ってしまい,こうなった場合,支点に近い前腕にばかり刺激が乗ってしまい,上腕二頭筋に十分な刺激が乗っていません.

また,サムレスグリップで握ることも良くありません.サムレスグリップで握ってしまっても上の写真の様に,手首が返る原因となるためです.

そのため,しっかりとサムレスアラウンドで握ることが重要です.このポイントは,鈴木雅選手のEZバーカールのポイントでも指摘していましたね.

ポイント3:上腕三頭筋の筋腹を支点に動作

最後に,上腕三頭筋の筋腹を支点に動作させます.

鈴木雅 バイセップスカール 支点

上腕三頭筋の筋腹,すなわち,ピークを意識する重要性については,同じくノーチラスのトライセップスエクステンションの解説のときにも鈴木雅選手は解説していました.

このノーチラスのバイセップスマシンは.背中の部分の位置を調整できるため,支点を任意に変更することができます.支点の設定を肘にしてしまいがちですが,あえて冒頭で述べた上腕二頭筋の拮抗筋である上腕三頭筋を意識するために上腕三頭筋の筋腹を支点に動作させるのだと思います.また,肘支点だと,やはり前腕に負荷が乗りやすいという懸念もあるためであると考えられます.

動作上のポイントですが,収縮ポイントが非常に重要です.

鈴木雅 バイセップスカール 収縮

この写真を見て分かると思いますが,収縮の位置設定をかなり奥側 ( = かなり収縮させるということ)に設定しています.どうしても,このマシンですと,ここまで収縮させることが少ないかもしれませんが,冒頭で説明した通りマシンの最大のメリットである収縮を最大限に発揮するならここまで引く必要があると思います.

終わりに…

今回紹介したノーチラスのバイセップスマシンはかなり良いですよね.ゴールドジムでも比較的多数の店舗で置いてある気がします.

この他には,確かハンマーストレングスのマシンも同系統のものがあったと記憶しております.

とにかく,ピークを作りたいなら,収縮意識ですね!

関連記事