サイズは十分だが…ビッグラミー,オリンピア 2020に向けて

ビッグラミー オリンピア 2020 準備

オリンピア 2020にてスペシャルインバイトを受け取ることにより,出場が確定したビッグラミーが自身の近況をアップデートしています.

今回は,ビッグラミーの近況を皆さんとシェアしたいと思います!

ビッグラミー,オリンピア 2020への準備の状況

今回,ビッグラミーがオリンピア 2020への準備の状況としてインスタグラムに投稿したものは,彼が腕トレーニングをしている様子になります.

 

この投稿をInstagramで見る

 

BIG RAMY(@big_ramy)がシェアした投稿

(全く関係のない話になりますが,ジムに普通に人がいるのに ( = プライベートトレーニングではないということ)誰もマスクをしていませんね….こういうのをみると,なぜ,海外で新型コロナウイルスの感染が急激に拡大しているのかが分かります.)

今回の動画を見て感じたことは,やはりビッグラミーは大きいです.オープンクラスのオリンピアのラインナップでは,基本的に,腕に関しては,フィルヒースとローリーウィンクラーが非常に強いことで有名なのですが,こうして改めてビッグラミーを見ると「彼も負けていないな」と感じることができますね.

恐らく,ストレートバーを用いたバーベルカールでは,約50 kgを,ダンベルオルタネイトカールは18 kgとプロとしてはそこまで高重量を扱っているわけではないのですが,フォームは非常に的確だと思います (一般人だと,この重量をここまで丁寧に実施するのは結構難しいと思います.).

ビッグラミーの近況に関して思うこと

オリンピア 2020に向けてのビッグラミーの近況について,個人的にはオリンピアへの準備は順調なのかどうか心配になりました.

と言いますのも,今回,ビッグラミーのトレーニング動画をよく見ると分かりますが,確かに腕のコンディションについては,バスキュラリティが見えることからも推察される通り,かなりコンディションは良いことが推察されますが,問題のミッドセクションについてはどうでしょうか.

今回,ビッグラミーは,プロとしては非常に軽い重量を扱いながらも,お腹周りにベルトをしているということは,ミッドセクションの仕上がりに関して注意しながら調整を続けているはずになりますが (ウエストを締め付けて,ウエスト周りを細くしようという意図があります.),どうみても,今回トレーニングを行っている時に腹回りの脂肪が気になります.今回の動画が,果たしていつ撮影されたものなのか定かではありませんが,これがもし,撮影してすぐに投稿されたものだった場合,彼の調整は順調ではない気がします.

この理由に関しては,ビッグラミーは厳しいダイエットをしている場合,頬が非常に痩けて「いかにもダイエットをしている」という様な状況が見て取れる様になります.翻って,今回の彼ですが,その様な様子はなく,しかも前述した通り,腹回りの脂肪も気になることから,ダイエット期間中に撮影されたものではない気がします.

ビッグラミーの課題に関しては明確で,コンデイションになります.ビッグラミーは,オリンピアの歴史の中でも指折りのサイズを誇っているため,コンディションを極められれば,オリンピアを獲得するのも不可能ではないと言われています.ただ,彼はコンテンストによってコンディションのばらつきが非常に大きく,それはオリンピアのステージでも例外ではありません.

今回の私の推察が事実であれば,オリンピア 2020でのビッグラミーもコンディションがいまいちな可能性が高く,そうなると,ほぼ毎年の話になりますが,ビッグラミーに対して非常にもったいないという感想を抱く可能性が高そうです.

終わりに…

ビッグラミーですが,準備の段階でかなり絞ったと思われる動画を出していたアーノルドクラシック 2020でさえ,優勝したウィリアムボナックと比較するとコンディションにまだまだ改善の余地があるという感覚を抱いたため,今回のビッグラミーの近況アップデートは確かに腕は素晴らしいのですが,全体的に見ると,ビッグラミーのオリンピア 2020への準備が順調なのかについては疑問符が付くところです.

ただ,2020年のビッグラミーの違いはThe contest Guluの異名を持つ,Chad Nicholsをコーチとして迎えているため,ここから劇的に変化するというかの姓は十分にありますが….

関連記事