ウィリアムボナックが優勝!アーノルドクラシック 2020 in コロンバス オハイオ速報

アーノルドクラシック 2020 in コロンバスオハイオが終了しました.

コロナウィルスの影響により,直前になり開催が危ぶまれるという事態になりましたが,無事開催されました.

以下,オープンクラスのボディビルディングの結果になります!

アーノルドクラシック 2020 in コロンバス オハイオオープンクラスボディビルディング の順位

以下がアーノルドクラシック 2020 in コロンバス オハイオの順位になります.

1位:ウィリアムボナック

2位:デキスタージャクソン

3位:ビッグラミー

4位:スティーブククロ

5位:セルジオオリバジュニア

6位:セドリックマクミラン

1位:ウィリアムボナック

1位はウィリアムボナックでした.

2位のデキスタージャクソンに22点差をつける圧勝でした.

とにかく,コンディションが圧倒的でした.プレジャッジングの動画を見た時に,コンディションが別次元であることが一目でわかりました.

彼の特徴であるサイドポーズを取ったときの大腿からハムストリングスにかけてのコンディションは相変わらず洗練されていましたし,ヘルニアの影響で芳しくなかったミッドセクションもしっかりとコントロールされていたと思います.

 

2位:デキスタージャクソン

2位はデキスタージャクソンでした.

デキスタージャクソンは惜しくも史上最多を更新する5回目のアーノルドクラシックの戴冠とはなりませんでした.デキスタージャクソンに関しては,ネット上ではウィリアムボナックより良いという意見もあり非常に調子が良さそうでした.

わたし個人の意見として,「本当にミスターオリンピア 2020にて引退するのか??」と考えるくらい非常に素晴らしかったですね.

 

3位:ビッグラミー

3位はビッグラミーでした.

2位のデキスタージャクソンとは1点差と非常に惜しかったです.

今回のビッグラミーは,決してコンディションを完全に外していたわけではなかったと思います.ただ,最高のコンディションだったかと言われるとそうではないと思います.

上位2選手と比較すると,特にバックポーズでのサイズは素晴らしかったのですが,やはりコンディションが極まらないとこれ以上の順位にいくことは難しそうですね.

ちなみに,モストマスキュラー賞を受賞しました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

You already know the name… @big_ramy came here to COMPETE! • Seriously looked incredible. The top lineup is stacked this year @arnoldsports •

(@nicky_rizzles)がシェアした投稿 –

 

4位:スティーブククロ

4位はスティーブククロでした.

昨年のアーノルドクラシック in コロンバスオハイオでは6位でしたのでそこから2ランクアップとなります.

スティーブククロは,サイズに定評のあるボディビルダーです.ただ,コンディションに課題のある選手であり,特に今回のアーノルドクラシックでも特にミッドセクションのコンディションが非常に気になりました.ローリーウィンクラーの様なバブルガットとは言わないのですが,フロントポーズでないときにミッドセクションのセパレーションが欠けているのが目につきました.

さらなるジャンプアップのためには,ミッドセクションが課題ですね.

個人的には,7位か8位かなと思っていたため,この順位は意外でした.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Today, I came ready to battle…but we went to war. This show meant more to me than most will know, but coming out in the top 4 call outs in today’s pre-judge fueled my inner fire even more. . Here’s a clip from this afternoon and tonight, we continue the battle at the finals. Make sure you watch the live stream starting at 7pm eastern to watch the show itself. A lot of people post pics of athletes in a off or awkward moment in hopes to determine the outcome of the show. The live views to me, are more true to the amazing athletes that are taking the stage. And…I’m honored to be amongst the best. These guys are truly awesome. See y’all tonight. And I know my family will be cheering loud ❤️ . #thekucs #teamkuclo #asf2020

Steve Kuclo(@stevekuclo)がシェアした投稿 –

5位:セルジオオリバジュニア

5位はセルジオオリバジュニアでした.

オリバジュニアですが一言で表すと素晴らしかったですね.個人的には,4位のスティーブククロより良かったのではと感じています.

脚の筋肉の広がり,密度が非常に素晴らしく順調にステップアップしているという印象でした.

ちなみに,ベストポージング賞を受賞しました!

6位:セドリックマクミラン

6位はセドリックマクミランでした.

セドリックマクミランは6位になりましたが,決して悪い時のセドリックマクミランではなかったと思います.ただ、若干,ぼてっとして見えたため,本当に紙一重コンディションが至らなかったのかなと思います.

個人的に,サイドポーズをとったときのお腹の出方,ミッドセクションのアシンメトリーが若干気になったのですが,それに審査に影響したのでしょうか.もう少し順位が上でも良かったかなというのが率直な意見です.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cedric McMillan is up! #asf2020

Arnold Sports Festival(@arnoldsports)がシェアした投稿 –

その他の選手

アキームウィリアムス

Akim Williams (アキームウィリアムス)は,7位でしたが,本当に素晴らしかったです.1stコールで呼ばれていたため,もっと順位が上かなと思っていたのですが,少々残念でした.彼のバックポーズはフィルヒースを彷彿させるものがあり,よりコンディションを究めれば更に上に行ける選手であると感じました.

 

この投稿をInstagramで見る

 

Team @mhpstrongusa @officialoscarardon @toughenthehellup @prowl_shoes @durabodyusa thank your @milossarcev

Bkbeast(@ifbbproakimwilliams)がシェアした投稿 –

マックスチャールズ

マックスチャールズは8位でフィニッシュしましたが,アキームウィリアムスと同様に今大会驚くべきコンディションを見せました.インターネット上では,特にマックスチャールズを推す声が非常に多かったですね.

マックスチャールズのコーチですが,山岸秀匡選手も師事しているミロスである様で,これにより今回の驚くべきコンディションを発揮できたのでしょう.

 

この投稿をInstagramで見る

 

The big bro @maxx_charles really brought his A game this weekend • A job well done between maxx and @milossarcev •

(@nicky_rizzles)がシェアした投稿 –

 

パトリックムーア

パトリックムーアは10位に終わりました.ただ,一人だけフロントポーズでバキュームポーズを取る彼は非常に素晴らしかったのですが,トップ選手と比較すると”薄く”見えてしまい,コンディション (特に大腿四頭筋です.)もミスターオリンピア 2019で見せたものと比較するといまいちでした.

 

終わりに…

今年のアーノルドクラシックは直前になって非常にどたばたして,選手にとってはメンタル的にもフィジカル的にも非常にタフなコンテストになったと思います.

そんな中,優勝したウィリアムボナックはミスターオリンピア 2020でも活躍が期待されます!

関連記事