MENU

オリンピア 2020出場は誰の手に?シカロプロ 2020結果

Akim Williams 優勝 シカゴプロ 2020

オリンピア 2020出場のための最後のコンテストとなったシカゴプロ 2020は,出場していない選手にも,オリンピア出場のために非常に重要なコンテストでした.

今回は,シカゴプロ 2020の結果を皆さんとシェアしたいと思います!

シカゴプロ 2020の結果

シカゴプロ2020の結果ですが,以下になります.

1位:Akim Williams

2位:Justin Rodriguez

3位:Maxx Charles

4位:Nick Walker

5位:Eddie Bracamontes

6位:An Nguyen

1位:Akim Williams

1位はAkim Williamsでした.

Akim Williamsと後述する2位のJustin Rodriguezは同点だったようで,非常に僅差の戦いとなりました.

Akim Williamsの特徴として,体はブランドンカリーを彷彿とさせる様なT字シェイプで,凄まじい筋量を誇る選手なのですが,個人的には,今回はアーノルドクラシック 2020よりもタイトに仕上げてきた印象です.

2位:Justin Rodriguez

2位はJustin Rodriguezです.

 

この投稿をInstagramで見る

 

The chicago pro already finished, the result was not the desired , my coach @cementfactory and I worked for victory like other guys everyone fight harder yesterday was amazing..was a great battle and congratulations to my brother, @akim_bkbeast_williams well deserved your victory and qualification for the Olympia, this is you show You did, and thanks to @ifbb_pro_league for make this possible and @tgflex for amazing production and care us, thanks to @bevsgym @garyudit @t_manion for make perfect work yesterday and make us to do our best.. This happens only in the best league @ifbb_pro_league MAKING DREAM REALITY…OLYMPIA finally thanks to my friends family and support.. @claudy927 thanks mi amor , por todo y los enojos @littlejustinifbbpro my son, @royherre1230 my training partner @jessica_riveraifbbpro @complices_de_la_pesca y mi familia de @bethapharmainternational @jose.bethapharma siempre conmigo

IFBB Pro Justin Rodriguez(@justindifbb)がシェアした投稿 –

Justin Rodriguezと1位のAkim Williamsは本当に遜色なく,コンディションならJustin Rodriguezの方が良かったという方もいる位です.

両者で差がついた要因を考えると,ウエストの細さかなと個人的には考えており,Akim WilliamsはT字でかなりウエストが細く見えるのに対して,Justin Rodriguezの場合は,V字であるため若干ウエストが太く見えてしまいます (オリンピア 2019でのブランドンカリーとウィリアムボナックの比較の様なイメージです.).

ただ,両者共に素晴らしく,ジャッジ泣かせでしたね.

3位:Maxx Charles

3位はMaxx Charlesです.

 

Maxx Charlesはトップ3の中でも,ミッドセクションの仕上がりが抜群で,最近のジャッジの流れを非常に汲んでいる様な仕上げ方でしたね.

個人的に,上位2選手と差がついたのは脚のセパレーションで,少し浅く,サイドポーズを取ったときに少し気になりました.

4位:Nick Walker

4位はNick Walkerでした.

 

Nick Walkerは,やはりフロントポーズが素晴らしく,トップ選手と比較しても全く引けを取っていませんでした.彼の課題は明確で,「背中がやはりトップ選手と比較すると弱い点」,「サイズがかなりあるためウエストが太く見えてしまう点」にあると思います.

新人ながら,このラインナップで4位とは非常に素晴らしく,例年の様に1年間コンテストが実施されている状況でオリンピア出場を争っていれば,高い確率でオリンピアへの出場権を獲得できていたと思います.

オリンピア 2020へのワイルドカードを手にしたのは

シカゴプロ 2020の結果により,オリンピア 2020のワイルドカード争いが決着しました (優勝したAkim Williamsは自動的に出場です.).

今回の結果により,以下の様になりました.

オリンピア 2020 ワイルドカード

すなわち,ワイルドカードを手にしたのは,Maxx Charles,Justin Rodriguez,Regan Grimesになります.すなわち,ビッグラミーは惜しくも上位三位に入ることができませんでした

以上より,ビッグラミーがオリンピア 2020に出場するためには,スペシャルインバイトを受け取る必要があることが言えます.彼は,オリンピア2017では2位,2020年に唯一出場したアーノルドクラシック 2020では3位と実績十分であり,昨年,ワイルドカードでセドリックマクミランが出場したことを考えると十分に可能性がありそうです.

また,2020年初頭にスペシャルインバイトを受け取っていたフレックスルイスが肩の重篤な怪我のため,出場を辞退したこともあり,ビッグラミーがスペシャルインバイトを受け取る可能性は低くないと思われます.

終わりに…

シカゴプロ 2020の結果にて,オリンピア 2020の出場者がほぼ出揃いました (あとはスペシャルインバイトの有無によります.).

2020年度の変則ルールにより,例年より出場者が多くなりそうですが,非常にハイレベルな戦いが予想され,非常に楽しみです!

関連記事