【オリンピア 2020注目選手】Hadi Choopan

Hadi Choopan オリンピア 2020

オリンピア 2020のオープンクラスは,フィルヒースのカムバック,デキスタージャクソンの現役最後のコンテスト等の理由でで大注目です.

今回は,オリンピア 2020の注目選手であるHadi Choopanについて皆さんとシェアしたいと思います!

おさらい:Hadi Choopanとは

Hadi Choopanは1987年生まれのイランのプロボディビルダーです.身長が167 cmであり,体重は約91-100 kgです.

彼は,2017年にプロ転向した選手であり,プロとしてのコンテスト経歴はそこまで長くありませんが,その実力は折り紙付きです.

まず,あまり知られていませんが,彼はプロ転向する前に行われたオリンピア アマチュア 2017のボディビルディングクラスのオーバーオールで優勝しています.近年のブームでご存知の方も多いかと思いますが,数多くあるプロクオリファイの中で最もレベルが高いとされているのがオリンピアアマチュアであり (そのため,オリンピア アマチュアではオーバーオールの1-3位の選手にプロカードを付与することが一般的です.),そのオーバーオールで優勝したことからも彼が尋常でないポテンシャルを持っていることが分かります.

次に,彼を世界レベルの知名度にしたのが,2017年に韓国で行われたAsia Grand Prixでしょう.当時のAsia Grand Prixは,オリンピアの直後に行われ,通例,オリンピアの優勝者はオリンピア後に世界各国で行われるコンテストに出場しないのが慣例になるのですが,2017年に行われたAsia Grand Prixは別で,当時,212ポンドクラスで絶対王者だったフレックスルイスが参戦しています (ちなみに,Hadi Choopanについて,現在はオープンクラスの選手ですが,当時は212ポンドクラスの選手でした.).

Asia Grand Prix 2017

結局,このコンテストでHadi Choopan (中央左)はフレックスルイス (中央)に敗れるのですが,プロ転向一年目の選手が当時オリンピアを6連覇していた絶対王者を追い詰める形となり,今でも,そのとき「Hadi Choopanの方が良かった」という声が多数を占めています (この点からも,オリンピア 2020では当時の再戦を非常に楽しみにしていたのですが,フレックスルイスが肩の怪我で欠場するのであればしょうがありません….).

それからも快進撃を続け,バンクーバープロ 2019で優勝,初出場のオリンピア 2020では3位入賞と非常に素晴らしい成績を残しております.

Hadi Choopanに注目する理由

Hadi Choopanに注目する理由は,彼はサイズ,コンディションのバランスが非常に素晴らしいためです.

過去の記事でKamal ElgargniがHadi Choopanについて語っている動画をシェアさせて頂いた際に,彼も言及していましたが,とにかくHadi Choopanはコンディションを外しません.例えば,ウィリアムボナックなどもコンディションを外さない印象がありますが,Hadi Choopanはよりハードに仕上げてくる印象があります.

しかも,それでいて,各部位がサイズもしっかりとあり,バランスが非常に素晴らしいと感じています.オリンピア 2019では,ブランドンカリー,ウィリアムボナックに敗れはしましたが,個人的にはHadi Choopanはブランドンカリーに肉薄していた様な印象があるため,オリンピア 2020での活躍に期待が集まります.

注目の2020年の仕上がりですが,以下の投稿があります.

「フィルヒースと比較すると腕が細い」という評価をされているHadi Choopanですが,この投稿単独で見ると腕まわりは非常に素晴らしいことが言えます.恐らく,この状態でもフィルヒースと比較すると腕は細いということになるのですが,なんといってもコンディションが秀逸です.

脚もすごいことになっています.

彼は元々脚がストロングポイントの選手ではあるのですが,昨年と比較してよりコンディションが良くなったという印象があります.

終わりに…

Hadi Choopanの問題は肉体的なものではなく,「アメリカに入国にできるのか」という非常に根本的な話になります.彼は出場すれば,間違いなく素晴らしい成績を残すことができるため,彼がビザの問題を解決できるのかに注目が集まります.

2019年は3週間前位にはアメリカに入国できていたのですが,2020年は,少なくとも2週間前には入国できていないため,実際,彼がオリンピア 2020に出場できるのは五分五分ではないでしょうか.

関連記事